忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/21 (月) 02:31】 |
トラックバック() | コメント()

ノウと言う勇気
タカビー
こんにちは。

水流の中のメダカを思い出しました。
必ず同じ方向を向こうとします。
でも、正しいかどうかは不明です。

メダカではないですが、大きなウソが
ばれないというのはヒトの行動心理ですね。

それにしても、治療に対してノウと言うのは
すごく勇気の要ること。

たいしたもんだと思います。


無題
羊飼い
私は補完医療であるホメオパシーを4年間学び、この11月で念願の資格を取ったばかりです。「大きなウソ」である西洋医学に対しては、夢りんごさんと同じく、本当に思うところ多いです。
私は父を癌で亡くしていますが、その時の体験が今の道にもつながっています。あまりにも悲惨でしたから。
あの時に納得のいく治療を受けさせてあげられたら、私にもっと知識があったらと悔やまれてなりません。
周りや権威に流されずに、自分の頭で考える、まずそれをしなくてはならないのかもしれません。

長々すみませんでした。
人はいろんな思いを持って生きてますね。




無題
☆和香☆
こんにちは!
大きな嘘・・・見抜くことは大変難しい・・・・
失敗を糧に、自分が何をすべきか・・・・どう生きていくかが大切であって、決して大きな嘘にまかれてはいけないと思います。


コメントを閉じる▲
 身近な人間の病気の治癒方法を手持ちの書籍で調べていると、「うん、まさに今、それ!」という言葉に

出会います。  もう西洋医学に見放された患者は、もちろん途方にくれます。 私は母が10年くらい前に

乳がんを患いましたが、その時大きな医科大学を相手にその大学病院のマニュアルをすべて崩して

母の治療法を選択しました。  大学病院はたいてい腫瘍の大きさや位置から女性の乳房の全摘出か部分摘

出が決まっています。 また、化学療法や放射線療法などはセットになっていたし、「断り」はいれるものの

リンパの一部も切除されます。 そのころ、漠然とですが西洋医学に疑問も感じていたし、近隣で抗がん剤

治療中や副作用で亡くなる人がいて、化学療法はお断りしました。 つまり、先生たち相手にノウを言ったので

す。  母の命がかかっていたからですけど。 必死で守りました。セカンドオピニオンもたずねました。

 そして、自然療法でよいとされる食べ物を調べて服用させました。  髄膜腫のときもそうしました。

母の目の手術のときもそうしました。  何度も医師にあい話しました。 今、安保徹さんほかの自然治癒の

書籍を調べながら、ふとヒットラーの言葉だという「小さな嘘はばれる。大きな嘘は絶対ばれない」の名言を

考えています。 この意味どういうことだと思います?    私はなんだか頷いてしまいました。

 具体的な話はなかったように思うんで自身の感じ方を少し書きます。  それは「ばれない大きな嘘」について

です。私はこういうことを想像するんです。たとえば戦争・・・・太平洋戦争、日本は勝つ、戦っていれば神風

が吹いて必ず勝つ!などという嘘・・・・これは「世間全体を騙しているのでばれない」のだと。

人を殺して、自分もお国のために死ぬなんて、とても怖くてできないことを国民は必死でやった時代がある。

 命が虫けらのように消されても、戦争が正義だった時代です。  これは国全体が大きな嘘に騙されている

そう言えないかなと。 それで、ある時突然、「戦争は終わりました。」「日本はまけました。」と・・・・・・・

自決した人がたくさんいてもおかしくない。突然すりかえられて「平和が正義」になるんです。でも、

もともと平和のほうが「正義」だったのです。
                                         
 この本でいう大きな嘘は日本の医療についてなんですが、科学、物質万能主義で

検査の数値と薬で治すということに専念されて、脈や顔色を見るというようなことを除外していったということ

を書かれています。  患者が五感で受けた病気ではなく、機械が発見したほうが本人の病気と重視される。

 私が数年前、母の病気に疑問を持ったのは、母は「関係のない違う症状で通院した」ということでした。

例えば、貧血、頭痛・・・・・でもガンが見つかって治療の中心がガンになった。それではもともと母が自覚の

あった貧血や頭痛はガンと関係あったのかというとなかったと聞きました。そして術後、そのもともとの症状が

なくなったかというと、なくならない・・・・それはどういうことなのか?   極端にいえば、痛みで病院に倒れこん

だとして、医師が別の大きな病気を発見した。 本人は痛みを治したい。 でも医学上、重要な病気を

医師は治そうとする。本人は楽にならない・・・・ということなのではないかと思うんです。 もちろん病気は嘘

ではない。 病名も事実かもしれない。 でも病院に行った事実が「どこかで刷りかえられている」と思いません

か?  私は自分たちの事業と同じことを感じます。 そう世間とのつじつまが合うようにどこかで刷りかえられ

てしまったんです。 「僕のいうことに間違いないから、買い続けてください」「成功します。」という何千回もの

肯定から・・・・突然攻撃に。  このすりかえた嘘はばれないんです。 社会が、法律が認めているからです。

 そして「道義」にあっているから。 「買ったもの払うの当たり前やろ!」と世間を味方にしていくからです。

そして本人でさえ「そうなのかも」と思ってしまいます。真面目な人間ほど。 自信のない人間ほど。

病気も、自分のもともとの症状は忘れて「重いがん」のほうに意識が流れてしまいます。 だからこそ

早期発見・・・・も疑問なのです。 交通事故で亡くなった人を解剖すると、結構がんの人も多いと書いてあり

ました。 それらは「自分が、がんだとわからないまま」交通事故で亡くなっていて、知らないでも、まあまあ生

きてきたということですね。  「買わない権利」の行使については、書では抗がん剤や、治療の選択。のこと

を言ってるんですが、そのままフランチャイズ事業にあてはめます^^  なぜ、「買わない権利」がなかったの

か・・・・増減の調整もできないのか。  ノウといえない事業なのか・・・・これは何度でも言い続けるつもりです。

ノウといえば、肉親の弱みにつけこんで脅すのか。       今日、母に電話しました。今日は粗大ゴミの

収集日でかなり離れたところまで、老夫婦が自転車を押して早朝から運んだそうです。坂の途中で

ご近所の方に会い、重い荷物を一緒に押してくださったと。  「時々親切に頼りながらぼちぼちいく」と

言いました。 お天道様や仏様の「加護をうけている」・・・・・と母も私も感じました。 こういうことは

大切にしたい。   だけどね!   事業は別だと思います!   以上、長い、だるいお話しでした!

おつきあいありがとう!
PR

【2010/11/30 (火) 16:36】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(3)

ノウと言う勇気
タカビー
こんにちは。

水流の中のメダカを思い出しました。
必ず同じ方向を向こうとします。
でも、正しいかどうかは不明です。

メダカではないですが、大きなウソが
ばれないというのはヒトの行動心理ですね。

それにしても、治療に対してノウと言うのは
すごく勇気の要ること。

たいしたもんだと思います。


無題
羊飼い
私は補完医療であるホメオパシーを4年間学び、この11月で念願の資格を取ったばかりです。「大きなウソ」である西洋医学に対しては、夢りんごさんと同じく、本当に思うところ多いです。
私は父を癌で亡くしていますが、その時の体験が今の道にもつながっています。あまりにも悲惨でしたから。
あの時に納得のいく治療を受けさせてあげられたら、私にもっと知識があったらと悔やまれてなりません。
周りや権威に流されずに、自分の頭で考える、まずそれをしなくてはならないのかもしれません。

長々すみませんでした。
人はいろんな思いを持って生きてますね。




無題
☆和香☆
こんにちは!
大きな嘘・・・見抜くことは大変難しい・・・・
失敗を糧に、自分が何をすべきか・・・・どう生きていくかが大切であって、決して大きな嘘にまかれてはいけないと思います。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ノウと言う勇気
こんにちは。

水流の中のメダカを思い出しました。
必ず同じ方向を向こうとします。
でも、正しいかどうかは不明です。

メダカではないですが、大きなウソが
ばれないというのはヒトの行動心理ですね。

それにしても、治療に対してノウと言うのは
すごく勇気の要ること。

たいしたもんだと思います。
2010/12/02(木) 16:43 | URL  | タカビー #527fb8c050[編集]
[管理者用 返信]
Re:ノウと言う勇気
こんにちは^^   はい・・・・それなのに騙されてしまいました(笑)

何故、こんな人が・・・・と思うでしょう。 本当に不思議です。

でも、治療にノウと言ったのも母のため、今回の事件も母がいたことで

母を守るために受けたこともありました。 本性とは違うことだった。

大きな嘘。  世間全体を騙すこと膨大な利益を得ながら一切の法的責任を

免れている・・・・このあたりに日本を悪くする何かがありそうな気がしま

す。  タカビーさん私も「アダルト~」だったかもしれません^^
2010/12/02(木) 18:20 | 夢りんご

無題
私は補完医療であるホメオパシーを4年間学び、この11月で念願の資格を取ったばかりです。「大きなウソ」である西洋医学に対しては、夢りんごさんと同じく、本当に思うところ多いです。
私は父を癌で亡くしていますが、その時の体験が今の道にもつながっています。あまりにも悲惨でしたから。
あの時に納得のいく治療を受けさせてあげられたら、私にもっと知識があったらと悔やまれてなりません。
周りや権威に流されずに、自分の頭で考える、まずそれをしなくてはならないのかもしれません。

長々すみませんでした。
人はいろんな思いを持って生きてますね。


2010/12/02(木) 19:49 | URL  | 羊飼い #5611d7e7f2[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
資格をとられたんですね。すごい・・・・・お父様の無念が将来につながったんですね。 西洋医学も全て否定はしませんが、「国をあげて」承認していますから、誰彼なしに治療の犠牲にもなるようです。  薬を試すのは
いいけれど、重ねていく、飲み続ける・・・・のはよくないと一般的にも
おもいます。 資格でどんな治癒ができるんですか?また教えてくださいね。
2010/12/03(金) 16:23 | 夢りんご

無題
こんにちは!
大きな嘘・・・見抜くことは大変難しい・・・・
失敗を糧に、自分が何をすべきか・・・・どう生きていくかが大切であって、決して大きな嘘にまかれてはいけないと思います。
2010/12/03(金) 11:04 | URL  | ☆和香☆ #9361f54979[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
こんにちは^^ 大きな嘘は「見抜けない」仕組みになってるのね。

世間の流れの中にはびこっているから、そして世間と一緒に、そ知らぬ顔で

流れていくからです。 「大きな嘘」があるかどうかは、もしかしたら

痛い目にあわないとわからないかもしれない。 だから、痛手を負った人間

は「大きな嘘」を地道に語るうちに世の中の流れを変えていくしかないんだ

よね。 タカビーさんの言っためだかの群れの「流れていく方向」こそが

大きな嘘でまちがいなんだけど、みんな気がつかない。間違いに気付いた

めだかは、どうすればいいのかな? 流れはすぐには変わらない。

「間違い」だといいながらブレーキをかける。とても辛い役目だね。
2010/12/03(金) 16:33 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック