忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/11/21 (火) 04:16】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ネコママ
休んでたから心配していたけれど
元気そうで何より♪かな?!^^;


無題
羊飼い
いつもお仕事お疲れ様です。
しばらくぶりでしょうか。^^

こちら、ようやく今年の6月のイベント、蛍観賞してきたところです。
いろいろありますが、決してあきらめない夢りんごさんを見習っていきたいです。


コメントを閉じる▲
 弱者が全部、守られて当然とは思いません。

 自分が全部、正しいとは思いません。

 だけど、強者の「GO!」は弱者の人生をひっくり返します。

 弱者の一声は、か細くこだまするだけです。

  そういう意味で弱者と強者は立場が違います。

だから、少しずつ積み上げて、足場をかためました。

砂山を大事に作り、また人生を築いていました。

波はまた、  その山を押し流しました。  強者の、一波が砂山の

努力を押し流しました。  「世の中はそんなもの」かもしれません。

 それなら、弱者は死ぬまでうかばれない。 それが正しい法律の世界と

いいます。  強者は自分がしたことを償うことはありません。

そういう意味で 弱者と強者という言葉を使いました。  弱者は

泣いてばかりいたくない。 声をちゃんとあげていく。 ポジションを少しでも

あげていく。  それがミッションです。 人に助けてもらうことではなく

声をあげていくこと。 嫌なものは嫌と。違うものはノウと。怖いものは怖いと。

help・・・・・声をあげていくこと。  それが役目です。  何ども人生に絶望します。

 返済をしていても、大きな波が呑んでしまう。 せっかくの努力が水の泡です。

「返したい」ものを返させてくれない。  だからみんな、とりあえず早く逃げるんです。

でも中には逃げた理由のわからない人も多いんでは? わけもわからず法律家や世間の

勧めのまま逃げてしまえば事は終わるかもしれない。でも、ペナルティはつきます。

「もう終わったとすればこれからなのだ」   まど みちおさんの詩にありました。

  絶望の中にいて とにかく私を支えたのは 人々からの激励の手紙でした・・・・・

「必ず(行く末を)見てますから」  というお手紙でした。  ありがとうございます。

そして、ブログおやすみしていてごめんなさい。    ぼちぼち 何とかいきます。

(o・・o)/~  ふふ  (*´∀`*)  暗くてごめんね~m(_ _)m                



                                                   ゆめ  
 
PR

【2011/06/16 (木) 17:21】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
ネコママ
休んでたから心配していたけれど
元気そうで何より♪かな?!^^;


無題
羊飼い
いつもお仕事お疲れ様です。
しばらくぶりでしょうか。^^

こちら、ようやく今年の6月のイベント、蛍観賞してきたところです。
いろいろありますが、決してあきらめない夢りんごさんを見習っていきたいです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
休んでたから心配していたけれど
元気そうで何より♪かな?!^^;
2011/06/17(金) 09:29 | URL  | ネコママ #99d2709b3b[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
心配ありがとね(o・・o)/~  また訪ねていきます。
2011/06/17(金) 17:11 | 夢りんご

無題
いつもお仕事お疲れ様です。
しばらくぶりでしょうか。^^

こちら、ようやく今年の6月のイベント、蛍観賞してきたところです。
いろいろありますが、決してあきらめない夢りんごさんを見習っていきたいです。
2011/06/19(日) 23:41 | URL  | 羊飼い #4fbb9d5345[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
ヽ(^0^)ノこんにちは。ご無沙汰です。

「死ぬくらいなら一度バカになってみる」と無農薬りんごの木村さんが

言ってました。   バカにはバカの生きようがある・・・・などと思って

います。
2011/06/22(水) 16:53 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック