忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/04/29 (土) 18:25】 |
トラックバック() | コメント()

無題
☆和香☆
こんばんは!
(@⌒ο⌒@)b ウフッ 西表島で移住したいなんて思ったことありました。
今は~夢となってしまいましたが、いつか旅したいです。

休みながら、少しずつ登っていきましょう☆
私なんて、休んでばっかですよ。
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪




無題
ネコママ
ゆっくりのんびり暮らしたい♪
夢ですね~
南の島暮らし憧れますが
多分夏はいられないだろーな
暑過ぎて溶ける(笑)
北海道の気候で雪が降らなければ
最高なんだけれど^^;


なるほど
タカビー
夢さん、こんにちは。

>力ずくで土を持ち上げようとしては
いけないのです。  
>この「土に逆らう」というのが
自分の首をしめているのだと
私も気づきます。

なるほどね…。

オイラも禁パチブログやっていて
いつも思う。

「すべての怒りは水のごとくに」
この言葉も素晴らしい。

怒りは決して一所で澱んでいては
いけない。

すぐに流れれば、それが一番だ。


コメントを閉じる▲
 児童文学作家の灰谷健次郎さんが亡くなってもうすぐ4年になろうとしています。

「やさしさと厳しさを併せ持つ人」で教師を辞められてからも「生涯教師」だったとききます。

晩年は沖縄の果ての西表島に居住されたと思いますが、その前は淡路島の北淡町で自給自足の生活を
されていて、もう氏は逝去されましたが、淡路島なら行けるな・・・・とぼんやりと思っています。

 明石海峡大橋を越えれば、北淡はすぐでしょう。  この人ほど子供を命を慈しまれた人は

いないんじゃないかと思います。「寄り添う」ということを、言葉だけではなく行動し続けた人でしょう。

著書「すべての怒りは水のごとくに」  角川文庫  のなかに汗まみれになって畑の畝作りをする著者の

文面がある。 地元の人が息ひとつ弾まないで美しい畝を作っていくのに自分のはひいひい言いながら

しかも出来上がった畝は不恰好だという。しかし、だんだんわかってくる。  彼は土に逆らっていたと。

 鍬は「使う」のではなく土の方が鍬についてくる・・・・という感じになって初めていい畝になるそうなのです。

力ずくで土を持ち上げようとしてはいけないのです。  この「土に逆らう」というのが自分の首をしめて

いるのだと私も気づきます。  あるがままのものに逆らっているとき、確かに実りはなく苦労だけが後を

絶たないと感じます。流れを遡るのも同じです。  無駄な抵抗というか、どうせ力尽きるのに・・・・・

というやつです。   理不尽なことに抵抗するときは、どうしたものかと考えました。

いまさらながらですが、物事はすぐには変わりません。  自分の仕事もそうだと感じました。

 例えば、いきなり反旗を翻しても人の謗りをうけるだけ。  地盤に逆らわずに鍬を入れながらついてくる

土を畝へと変えていく。  そういう風に生きられたらいいなと思います。  少し実り始めた自分の仕事を

見るとき、その畝がきれいかどうかと。    いやはや、不恰好ですわ(笑)  しかし、習うより慣れです。

 その畑仕事で出会う人達を灰谷さんは敬意とともに書かれています。 朝早くから働く老夫婦がいる。

二人はいつも一緒で何をしゃべるでもなく、しゃべらないでもなく一日を過ごしています。 二人とも癌なのだ

そうですが手術は断り「こうして生かしてもらっている。しあわせなこと」と悟られている。 もういないかもしれ

ない老夫婦。  灰谷さんも癌で逝ってしまわれた・・・・・  夕方、仕事を終えて帰路の途中の川辺の土手

に夫婦はたたずんで、いつまでもいつまでもまわりの景色を眺めているのだそうです。

 その風景に出会いに、淡路島に行こうと思っています。  いつか・・・・

(すべての怒りは水のごとくに・・・・・・「やさしい人々より」)    こんな風に歳をとりたいものです。

まだ、生かしてもらえるのならば・・・・・ 灰谷さん、あなたのように優しさと厳しさを併せ持つ人になり。

登るということは、しんどいことです。 諦めてひっくりかえって寝転んでいるときよりもずっとしんどいです。

底は底なりに、しんどいけれど居心地もいいときがあるけれど、登る途中で止まって考えることはしんどいです。

底はまた、ねっころがるのが簡単だけど、登り始めたらねっころがれません。 ロッククライミングのように

途中で休むことはできません。 また落ちたろかなと思います。 どっかに行ってしまおかなと思います。

こんなとこで止まったらしんどいけれど、考えながら登るのでしょうがない。 どっかでぶらんぶらんと

休まないともたへんな・・・・思います。    身体も心もくたくたやのに、まだ登らなあかんねて^^

らく~に鍬を下ろして、土がついてくるようになるまで、あとどんだけかかるんやろな。  

灰谷さん、そっちの居心地はどないですか?  海も山も見えますか? 
PR

【2010/10/04 (月) 16:22】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(3)

無題
☆和香☆
こんばんは!
(@⌒ο⌒@)b ウフッ 西表島で移住したいなんて思ったことありました。
今は~夢となってしまいましたが、いつか旅したいです。

休みながら、少しずつ登っていきましょう☆
私なんて、休んでばっかですよ。
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪




無題
ネコママ
ゆっくりのんびり暮らしたい♪
夢ですね~
南の島暮らし憧れますが
多分夏はいられないだろーな
暑過ぎて溶ける(笑)
北海道の気候で雪が降らなければ
最高なんだけれど^^;


なるほど
タカビー
夢さん、こんにちは。

>力ずくで土を持ち上げようとしては
いけないのです。  
>この「土に逆らう」というのが
自分の首をしめているのだと
私も気づきます。

なるほどね…。

オイラも禁パチブログやっていて
いつも思う。

「すべての怒りは水のごとくに」
この言葉も素晴らしい。

怒りは決して一所で澱んでいては
いけない。

すぐに流れれば、それが一番だ。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
こんばんは!
(@⌒ο⌒@)b ウフッ 西表島で移住したいなんて思ったことありました。
今は~夢となってしまいましたが、いつか旅したいです。

休みながら、少しずつ登っていきましょう☆
私なんて、休んでばっかですよ。
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪


2010/10/04(月) 22:35 | URL  | ☆和香☆ #9361f5497c[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
夢ではないかも・・・・・田舎移住がとてもあっていて、誰よりも元気で長くいい人生の人もいるよ。  が、遠いので(笑)淡路島にしときな!

島って癒される。 淡路島、小豆島と瀬戸の島々を巡って、写真撮りまくるのはどーよ?  んで、田舎の漁師さん引っ掛・・・・いや!失礼知り合って
瀬戸の花嫁もいいじゃない? 仲人は引き受けるよ。 タカビーさんに祝歌書いてもらいな・・・・・休みっぱなしでもいいじゃないか・・・・
2010/10/05(火) 13:25 | 夢りんご

無題
ゆっくりのんびり暮らしたい♪
夢ですね~
南の島暮らし憧れますが
多分夏はいられないだろーな
暑過ぎて溶ける(笑)
北海道の気候で雪が降らなければ
最高なんだけれど^^;
2010/10/06(水) 10:10 | URL  | ネコママ #549910cb5f[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
北海道・・・・・で南の島は溶けますね~

ネコたちも危ない・・・・西表ヤマネコが睨んでいますよ(笑)

一ヶ月でいいから、住んでみたいしょ・・・・・北海道!道東道北道央どこでもいい!
2010/10/07(木) 13:58 | 夢りんご

なるほど
夢さん、こんにちは。

>力ずくで土を持ち上げようとしては
いけないのです。  
>この「土に逆らう」というのが
自分の首をしめているのだと
私も気づきます。

なるほどね…。

オイラも禁パチブログやっていて
いつも思う。

「すべての怒りは水のごとくに」
この言葉も素晴らしい。

怒りは決して一所で澱んでいては
いけない。

すぐに流れれば、それが一番だ。
2010/10/08(金) 14:12 | URL  | タカビー #527fb8c050[編集]
[管理者用 返信]
Re:なるほど
こんにちは^^ やはり、物書きの思いですな^^  そうか、水のごとく流してしまえ!なのか・・・・留まってはいけないのやね。 もうクタクタになってから、この言葉の深さに気づきます。  もっと早く・・・・は無理なのね・・・・その時は、わからないものよね・・・・・あ~歳とった!(笑)
2010/10/08(金) 14:46 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック