忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/21 (月) 02:30】 |
トラックバック() | コメント()

無題
☆和香☆
こんにちは!
うちの甥もかなりの暴れん坊です。直ぐ上のお姉ちゃんが入院しているので、心も荒んでいるのでしょうか・・・・
ショッピングセンターで3時間程の子守で、疲れ果てて帰って来ました。
(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! 今、何させてるのって?
DVDでポケモン観させて自分はパソコン(笑)
パパ、ママは病院・・・
ここで、甘やかせるのも・・・
かと言って、悪戯、やんちゃばかりの甥を怒ってばかりも・・・
お空の神様・・・この手を使ってみましょうか(笑)


そっかー
タカビー
夢さん、こんばんは。

心温まる話ですね。

何でもそうですが、相手の気持ちを思いやる
このことが何よりも大切なことなんだと
私は思います。

まあ私も、もうちょっと早くこういったことに
気づけばよかったんでしょう。

いまさらですが、後悔します。

えてして、忘れていることがあるんですけどね。
追い込まれている人間には、なかなか
できないことなのかもしれません。

人間として生きる為には、最低限の
豊かさが必要なんですよ…。


無題
こ・しゃっぺ村助役
いいお話でした。
子どもって自分を理解してくれる人をちゃんとわかっています。
相手が子どもであろうと、人間としてきちんと対応してくれていたことをこの子は、わかっていたんですね。


無題
ネコママ
子供も怒られ馴れしてしまうものですね。
いつも怒っている人には、はいはいっ
また文句言ってる位になっちゃうのでしょう
でも普段笑って許してくれる人が
本当に悪いことをしたときに叱ると
泣きながら謝ったりしますよね。

翔太くんも何か気づいたのかもね!


コメントを閉じる▲
 灰谷さんの晩年の小説に「天の瞳」というのがあるが、それにまつわる私の物語を今日は記事にします。

延長保育士で三時前に勤務していたころ、翔太という4歳児の園児がいました。

三時前に玄関を開けて入ると、翔太はその踊り場付近で遊ぶとも佇むともなく待ち受けていました。

 「おはよ!翔ちゃん・・・・」「おはよう、先生待っててん」「うまいこというてもあかんで。何したん・・・・」

翔太は、何かしでかして、部屋を追い出されていたのでした。 すぐにそうわかりました。でも一方で

登園する私を待っていたのも本当でした・・・・  ぐにゃぐにゃと身体を捩りながら、恥ずかしそうに笑う顔は

まだ4歳児のあどけなさなのですが、彼の頭の中は知恵の倉庫であることを私は知っていました。

 「また桜の木におしっこかけたんちゃうん?」「なんで知ってんの?」「すぐわかるは、翔ちゃんのすることぐら

い」「翔太、今怒られてるねん」「知ってんで・・・・・」  外はもう肌寒い季節。園は基本裸足保育です。

しかし、コンクリートの廊下はあくまで冷たく、園の廊下は園庭に開けていて吹きさらしでした。

 そんなことに負ける翔太ではないのですが、物事には限度があります。   着替えをして、保育室に入る準

備をしてきても、翔太はそこにいました。  「まだいるのん、早いこと島野先生に謝ってしまい~や」

  忘れ去られているのでした。  部屋にいくと島野先生は、おやつの後かたづけをしながら、机を拭いて

子供らに呼びかけています。    挨拶をして、延長保育の部屋に入り、次々と話しかける子供らと言葉をか

わしていました。   冷たい水で布巾を洗い、忙しそうな帰り支度を手伝っていました。  翔太は壁にもたれた

り柱を廻ったり、とりとめもなく時間をすごしていました。   時計を見て、翔太に近づき「翔ちゃん行くで」と

声をかけました。  翔太は待ってたようについて来ました。 島野先生の前にいくと「先生、翔ちゃん何しはった

んかな?どうしたらいいのかな?」と声をかけました。 島野先生は忘れていたのでしょう。 でも、そうともいえ

ず「翔ちゃん! ~」   翔太は「ごめんなさい」と謝りました。 そこから、ひとしきり、懇々と説教を喰らい

翔太は許してもらいました。  基本、保育は担任がその責任をおっています。 方針も違うので、あまり

人の保育に口出しはしないもののようでしたが、私は延長保育士という、いささか緩い立場でもあったし

その頃から上司に媚びない、ちょっとなまいきな保育士でした(笑)  限度を感じると、さっさと解決するように

流れをすすめました。  翔太はそれを知っていて私を待っていたのでした。

 寒空の園庭で、日が落ちる頃まで、父兄を待つ子供らと遊びました。  大半は砂場で遊びました。

「翔ちゃん!!」また先生の声がして翔太は鉄棒付近で叱られていました。  桜の木にまたおしっこを

かけたのです。  考えたら、まあ立ちしょんで、子供で、笑い話程度の出来事なのですが、保育園では

重罪で(笑)  許してしまうと、子供たちがみんなそうなることを思えば厳しく叱咤するのでしょう。

 あきれて見ていた私に翔太は「ばれてしもた!」と話しかけました。 「ばれてもばれんでも、一緒や」

「何で?先生」  「ばれんでもな、天の神様が見てはる」   曇り空を指差していいました。

翔太も空を仰ぎながら「天の神様て?」「空には天の神様がいてはって、翔ちゃんのすること見てはるんよ」

「なあ、先生、天の神様で恐い?怒る?」 「怒らへん」「笑ってる?」「怒りも笑いもしはらへん・・・・・ただじっと

見てはるねん。」  翔太の顔が一瞬こわばりました。     「何もいわんと見てはるねん」「ふう~ん」

 翔太は考えていました。   翔太は恐い先生は平気でした。  怒られることも慣れていました。

放り出されることも慣れていました。   何時間でも忘れられても 大丈夫でした。 大抵のことは平気でした。

何も言わずにじっと見てる・・・・・天の神様のことはどう思ったでしょうか。  たった一度話しただけでした。

私が園を去ることになったことを告げた日、翔太はもくもくと自由画帳にクレパスを運びながら

ひとこと、ぼそっといいました。「せんせい、辞めたらあかんねん・・・・・」うつむいて、そうつぶやいてまた、

もくもくと、クレパスを動かしました。     私は、ここで誰がどうと言っているのではありません。

ただ、事実のお話しを記事にしています。                         
PR

【2010/10/08 (金) 15:45】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(4)

無題
☆和香☆
こんにちは!
うちの甥もかなりの暴れん坊です。直ぐ上のお姉ちゃんが入院しているので、心も荒んでいるのでしょうか・・・・
ショッピングセンターで3時間程の子守で、疲れ果てて帰って来ました。
(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! 今、何させてるのって?
DVDでポケモン観させて自分はパソコン(笑)
パパ、ママは病院・・・
ここで、甘やかせるのも・・・
かと言って、悪戯、やんちゃばかりの甥を怒ってばかりも・・・
お空の神様・・・この手を使ってみましょうか(笑)


そっかー
タカビー
夢さん、こんばんは。

心温まる話ですね。

何でもそうですが、相手の気持ちを思いやる
このことが何よりも大切なことなんだと
私は思います。

まあ私も、もうちょっと早くこういったことに
気づけばよかったんでしょう。

いまさらですが、後悔します。

えてして、忘れていることがあるんですけどね。
追い込まれている人間には、なかなか
できないことなのかもしれません。

人間として生きる為には、最低限の
豊かさが必要なんですよ…。


無題
こ・しゃっぺ村助役
いいお話でした。
子どもって自分を理解してくれる人をちゃんとわかっています。
相手が子どもであろうと、人間としてきちんと対応してくれていたことをこの子は、わかっていたんですね。


無題
ネコママ
子供も怒られ馴れしてしまうものですね。
いつも怒っている人には、はいはいっ
また文句言ってる位になっちゃうのでしょう
でも普段笑って許してくれる人が
本当に悪いことをしたときに叱ると
泣きながら謝ったりしますよね。

翔太くんも何か気づいたのかもね!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
こんにちは!
うちの甥もかなりの暴れん坊です。直ぐ上のお姉ちゃんが入院しているので、心も荒んでいるのでしょうか・・・・
ショッピングセンターで3時間程の子守で、疲れ果てて帰って来ました。
(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! 今、何させてるのって?
DVDでポケモン観させて自分はパソコン(笑)
パパ、ママは病院・・・
ここで、甘やかせるのも・・・
かと言って、悪戯、やんちゃばかりの甥を怒ってばかりも・・・
お空の神様・・・この手を使ってみましょうか(笑)
2010/10/09(土) 15:31 | URL  | ☆和香☆ #9361f5497c[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
あれ? 今、和かちゃんとこに行ってきたとこだよ^^ あ、入院て
お姉ちゃんなのか・・・・甥っ子とかと「おじさん」「おばさん」とかって
似るっていうよね! 和かちゃんに似てるんだ! 子供は・・・・ほっとくといろいろ見つけて面白いことするからね。 まあ、せいぜい格闘してください。  子供は「大人」を見て暴れたりする。 和かちゃんは、いい遊び相手なんだろう^^
2010/10/09(土) 16:57 | 夢りんご

そっかー
夢さん、こんばんは。

心温まる話ですね。

何でもそうですが、相手の気持ちを思いやる
このことが何よりも大切なことなんだと
私は思います。

まあ私も、もうちょっと早くこういったことに
気づけばよかったんでしょう。

いまさらですが、後悔します。

えてして、忘れていることがあるんですけどね。
追い込まれている人間には、なかなか
できないことなのかもしれません。

人間として生きる為には、最低限の
豊かさが必要なんですよ…。
2010/10/09(土) 22:36 | URL  | タカビー #527fb8c050[編集]
[管理者用 返信]
Re:そっかー
こんにちわんわん!(壊れたか・・・・) 「最低限の豊かさ」というバロメーターは行政や世間に通用しないですね・・・・「生きてること」の最低基準のなかに「豊かさ」を加えるべきです。 物を買いあさる「数字」ではない「生きてる心地」です。  私は思いやりのある保育士ではありませんが
子供の行動は「馬鹿にできない」と思っています。 「人を見る目」を小さいときから養って世の中を生きているのが、翔太をみるとわかります。
2010/10/11(月) 14:13 | 夢りんご

無題
いいお話でした。
子どもって自分を理解してくれる人をちゃんとわかっています。
相手が子どもであろうと、人間としてきちんと対応してくれていたことをこの子は、わかっていたんですね。
2010/10/09(土) 23:47 |   | こ・しゃっぺ村助役 #5611d7e7f2[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
助役さん(笑)ようこそです!   私の自慢話ではありません(笑) 人を理解しようとして、現実はエライ目にあいましたから(笑) ただ・・・・
子供を侮ってはいけないのです。  子供は子供なりに「大人をよく見て」行動しています。 この話しには、まだまだ奥があります。またの機会に・・・・
2010/10/11(月) 14:18 | 夢りんご

無題
子供も怒られ馴れしてしまうものですね。
いつも怒っている人には、はいはいっ
また文句言ってる位になっちゃうのでしょう
でも普段笑って許してくれる人が
本当に悪いことをしたときに叱ると
泣きながら謝ったりしますよね。

翔太くんも何か気づいたのかもね!
2010/10/11(月) 14:48 | URL  | ネコママ #549910cb5f[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
こんにちは^^   足の怪我はどうですか?
少しは腫れが引いたのかな?     お姉ちゃんは元気にしてるのね?
 子育てが・・・・・落ち着いたら「介護も」・・・・・休むまもないように
人生はできてますね。   足・・・・無理しないようにね。

寒くなると  こたえるかも。 連休に友人が釧路~屈斜路湖~阿寒湖と
旅をしているようです。  
2010/10/11(月) 18:07 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック