忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/10/21 (土) 08:21】 |
トラックバック() | コメント()

無題
タッパ
いい仕事の核の震える弱いアンテナ・・・
なんていい言葉なんでしょうか。
私も今は介護の仕事でスキルを磨いて、資格もとり、いずれは障害児の通所施設をしようと思っているのです。
心にとめておきたいです。


コメントを閉じる▲

  茨木のり子さんの詩のなかにある言葉なのですが

  すべてのいい仕事の核には、震える弱いアンテナが隠されているきっと・・・・・・

という、一節が以前から好きでした。

事業が良い方向へ動いているとすれば、それに携わる立場の弱い人や、草分け的な人、縁の下の力持ちの
ような存在が、上の存在におどおどしながら、周囲に気をつかいながらも細心の注意を払って懸命に働いて
いるから・・・・という意味に思えます。

この震える弱いアンテナ・・・は会社に例えると加盟店だったり、草創期の社員だったり、それらを支える家族
だったりすると思います。

五年前の五月のある日、大阪で開かれた加盟店募集のイベントに私たちは出向き、初めて本部の事業の話
を聞きました。

青年二人が仲良く座っていて、慣れない席に照れているようでした。

初々しいさわやかな感じがして事業の好感度も悪くなかったのです。

実はこの代表者は、私と同郷で実家がお向かいさんという事情がありました。世代は一回りは下でしたので
直接はかかわりがなかったのですが・・・・・この訪問をきっかけに距離がにわかに縮まりました。

不幸の予測はほとんどありませんでした。

事業は契約が中心になりますが、日本はどちらかといえば約束や言葉・・・で契約へすすむことが多いように
思います。

契約内容を隅々まで確認して納得するまで時間をかけていると、大抵の契約は結実することがないのではないでしょうか?にもかかわらず何かあれば「契約書」が対象になる。

この辺のずれが問題の傷口を大きくしているように思えてなりません。
「書面」が解決の対象になるなら、もっと契約書面について、最初に積極的に話しあうべきです。

会話は消えてしまい証明できないかもしれません。
でもそれは決して世間話ではないはずなんです。

大事な約束が果たせないと判断したときには、謝罪や修正、理解につながる努力が必要だと思います。
人生がかかっている大切な約束なのです。

でなければ「言葉は消えて証拠はないから口では何をいっても構わない」国になると思います。

人の人生を奈落に変えるかもしれない岐路の約束は、簡単にしないで欲しかった・・・・と思います。

「すべてのいい仕事の核には・・・・・」細心の注意や配慮、誠実、勇気、努力どれにも値しない軽率な約束や
仕事で法だけをくぐり抜けていかれたのでは・・・・・震えるアンテナの仕事を懸命にこなす者たちは、どこで
報われるのでしょうか?

ここでブレーキをかけて事の真意を問うことでしか、私たちは前に進めない気がしています。
同時に自分たちもできるだけ震えるアンテナで自身の良い仕事に実りある経営をして、本当の経営力につな
げていきたいと思います。

PR

【2008/04/25 (金) 18:43】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
タッパ
いい仕事の核の震える弱いアンテナ・・・
なんていい言葉なんでしょうか。
私も今は介護の仕事でスキルを磨いて、資格もとり、いずれは障害児の通所施設をしようと思っているのです。
心にとめておきたいです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
いい仕事の核の震える弱いアンテナ・・・
なんていい言葉なんでしょうか。
私も今は介護の仕事でスキルを磨いて、資格もとり、いずれは障害児の通所施設をしようと思っているのです。
心にとめておきたいです。
2008/04/29(火) 22:58 |   | タッパ #5611d7c320[編集]
[管理者用 返信]
コメントありがとうございます^^
ただ、走り続けるだけでは理解できない仕事の震えるアンテナ・・・・・心あるお仕事をされているからこそ響くのでしょうね。私は保育士でしたので対人間同士のデリケートなだけど確かな温かさが伝わります。時代の流れに飲みこまれないで頑張って下さいね^^
2008/04/30(水) 18:46 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック