忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/21 (月) 02:27】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ぺこ
私、頭が悪いので何度読んでみても夢りんごさん達の今の状況がわかりません。
「生き残っている」と書かれてるから、今も続けておられるんですよね?
何かを手放したのでしょうか?


無題
キキ
今朝このブログをみつけてビックリしました。

私も元ニコニ○オーナーです。

騙された私がバカだったと思いますが…。


このブログの存在を本部は知っているんですか?


無題
ちゃっぴー
うちの店も閉店する1ヶ月くらい前に、ニコニコキッチン本部の担当SVにその旨を伝えました。
その際、お客様に迷惑をかけないためにも本部が直営店として、継続するのか近隣の店舗が対応してくれるのか、早急に返事をしてほしいと話をしましたが、1週間以上たってもニコニコキッチン本部からは何の連絡もありませんでした。
しびれを切らして連絡したところ近隣の店が対応できるか確認するので、顧客リストを送ってほしいと言われました。
今頃何をのんきなことを言うてんねんと思いながらも近隣の店舗のオーナーへ連絡を取ったところ、そのオーナーも急に顧客が増えても対応ができないと言われたため、こちらとしてはお客様を路頭に迷わすわけにはいかないと考え、他の配食業者の紹介を希望されたお客様には、他の配食業者を紹介していきました。
ところが、ニコニコキッチン本部はそれが気に入らなかったらしく
加盟時に保証金として預けた40万円を返還しないといってきました。
内容証明郵便、裁判所の督促状を送ってしぶしぶ返還させましたけれど


コメントを閉じる▲
 「商い」・・・・・・の常識というのを知らないのかもしれませんが、利用者の受け入れ先を決めるとき、私達は
仕事の時間を引き裂いて、市役所の介護の係へ出向き、配食サービス業者の一覧をいただいて、利用者様に
お渡しして、できる限りお客様の意志で選んでいただくようにしました。

あとで語るは簡単ですが、実はこれは大変なことでした。

配食の利用者様は誰のものでもない・・・・・というのが基準ですが、昔の方はどうしても慣れ親しんだ私達に
配食をと、惜しんでくださる声が多く、電話やお手紙が溢れて、嬉しいけれども辛く大変でした。

中には、「他所のお弁当など絶対食べない」と言い切るお手紙もあり、手放すのに大変でした。

自分たちの明日の暮らしの保障もないのにそんなことをしていて・・・・・・でもやはり、それをしないと明日の
自分がないと思いました。

中にはお客様を「買い取りたい」申し出もありましたが、目の前のお札は受け取れませんでした。

商売をしていた友人からは「あほやなあ。そんなん一人いくらですって、こちらからお金ゆうねん。」ってあき
れられましたが。
閉店・・・・・となるとあちこちから、なんやかや声がかかったり、来られたり、引かれたりします。

お客様を「買いたい」人もいれば、お客様を「引き取って助けてやろう」という考えもありました。

また、エリアによって「欲しい人だけ欲しい・・・・・・」など同業者にも千差万別でした。

また、これをエリアでばさばさ束にして、わけ捌くような考えもありましたが、私達はこの受け入れ先を確保することを「事業の社会的責任」と思い、私達の方法で責任を果たしました。

以前、関わった法律の専門家は「社会的責任は本部にあるでしょう」といわれましたが、だからといって、どんな風に本部が社会的責任を果たしてくれるのか?わからないままにお客様を投げ出すことはできません。

事業の最終回は大変なうちに幕を下ろしましたが、現実に大変なのはそれからでした。

「閉店のものを処分する」ことすらできず、何とかあるものを生かそう・・・・・・と思いましたが、すぐにはうまくいきません。
片付けをして、ともすれば「燃え尽き症候群」になりそうな自分を保ちながら、私達はそれぞれ、投げなしのお金を少し使って買ったもの・・・・・・・申し合わせたように、別々に買ってきたものは、花の苗木でした。

商売に感傷的な話で笑われるかもしれませんが、店先に置いた苗木は・・・・・心の支えだったと思います。

そしてその感傷的なバカ正直な商売才能の皆無な私達が、マイナスを作りながらも生き残っているのは、人の支えや力はもちろんですが、一番大きい理由は底辺からお金の流れを見て、人を見て、離れる人とは別れを告げ、根本的な「生き方を変えた」ことだと思います。

もし今、どうなるかわからず不安だけど走るしかない・・・・・そんなお店の方がいたら、「いつか来る、けりをつける時」のために参考にして下さればよいと思います。
PR

【2008/04/29 (火) 18:35】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(3)

無題
ぺこ
私、頭が悪いので何度読んでみても夢りんごさん達の今の状況がわかりません。
「生き残っている」と書かれてるから、今も続けておられるんですよね?
何かを手放したのでしょうか?


無題
キキ
今朝このブログをみつけてビックリしました。

私も元ニコニ○オーナーです。

騙された私がバカだったと思いますが…。


このブログの存在を本部は知っているんですか?


無題
ちゃっぴー
うちの店も閉店する1ヶ月くらい前に、ニコニコキッチン本部の担当SVにその旨を伝えました。
その際、お客様に迷惑をかけないためにも本部が直営店として、継続するのか近隣の店舗が対応してくれるのか、早急に返事をしてほしいと話をしましたが、1週間以上たってもニコニコキッチン本部からは何の連絡もありませんでした。
しびれを切らして連絡したところ近隣の店が対応できるか確認するので、顧客リストを送ってほしいと言われました。
今頃何をのんきなことを言うてんねんと思いながらも近隣の店舗のオーナーへ連絡を取ったところ、そのオーナーも急に顧客が増えても対応ができないと言われたため、こちらとしてはお客様を路頭に迷わすわけにはいかないと考え、他の配食業者の紹介を希望されたお客様には、他の配食業者を紹介していきました。
ところが、ニコニコキッチン本部はそれが気に入らなかったらしく
加盟時に保証金として預けた40万円を返還しないといってきました。
内容証明郵便、裁判所の督促状を送ってしぶしぶ返還させましたけれど


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
私、頭が悪いので何度読んでみても夢りんごさん達の今の状況がわかりません。
「生き残っている」と書かれてるから、今も続けておられるんですよね?
何かを手放したのでしょうか?
2008/04/30(水) 00:10 | URL  | ぺこ #9903313256[編集]
[管理者用 返信]
コメントありがとうございます
解りにくくてごめんなさい。私達は不器用なので人生をそんなにころころ変更できないだけです。ただ~フランチャイズ時代の短期決戦型の生き方をしていないことだけは事実です。流され呑み込まれそうな濁流の川からびしょびしょで這い上がってしばし呆然とし、もうひとつの流れ方を手探りで作っているところです。まだ濁流が押し流す危険があることはいうまでもありません。でも・・・・・おそらくそれでも、またやり直そうと思います。状況、抽象的でごめんなさい。また覘いて下さいね^^
2008/04/30(水) 19:07 | 夢りんご

無題
今朝このブログをみつけてビックリしました。

私も元ニコニ○オーナーです。

騙された私がバカだったと思いますが…。


このブログの存在を本部は知っているんですか?
2008/04/30(水) 11:38 |   | キキ #92ca4cbeb1[編集]
[管理者用 返信]
コメントありがとうございます
当然ご存知ですよ。私達にはもう向き合って話し合う機会はないので、ブログを通して対話しているつもりです。コメントはきませんけれど。でも、関係者の方からでもご訪問お待ちしてるんです。内部も大変でしょうけど、震えるアンテナ・・・・・にも監視だけでなくもう一度考えなおして向き合って欲しいと思ってます。

2008/04/30(水) 19:17 | 夢りんご

無題
うちの店も閉店する1ヶ月くらい前に、ニコニコキッチン本部の担当SVにその旨を伝えました。
その際、お客様に迷惑をかけないためにも本部が直営店として、継続するのか近隣の店舗が対応してくれるのか、早急に返事をしてほしいと話をしましたが、1週間以上たってもニコニコキッチン本部からは何の連絡もありませんでした。
しびれを切らして連絡したところ近隣の店が対応できるか確認するので、顧客リストを送ってほしいと言われました。
今頃何をのんきなことを言うてんねんと思いながらも近隣の店舗のオーナーへ連絡を取ったところ、そのオーナーも急に顧客が増えても対応ができないと言われたため、こちらとしてはお客様を路頭に迷わすわけにはいかないと考え、他の配食業者の紹介を希望されたお客様には、他の配食業者を紹介していきました。
ところが、ニコニコキッチン本部はそれが気に入らなかったらしく
加盟時に保証金として預けた40万円を返還しないといってきました。
内容証明郵便、裁判所の督促状を送ってしぶしぶ返還させましたけれど
2008/04/30(水) 21:16 |   | ちゃっぴー #553b432989[編集]
[管理者用 返信]
コメントありがとうございます
まず、コメント中の固有名詞のご使用をお控え下さるようにお願いいたします。永くブログの対話を継続するためによろしくお願いします。申し訳ありません。撤退時の対応のまずさは哀しい限りです。私たちの場合、話しあう問題も残っていましたのでなおさら処理をちゃんとしていただいきたかったです。保証金の返還をしないなどは誰が考えても「違反」なのになぜでしょう。私たちの買掛金とはちがいますからね(笑)この釈明は後日ブログにて・・・・とりあえず、返還されてよかったです。手がかかりましたね・・・・・また、ご訪問お待ちいています。


2008/05/01(木) 23:57 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック