忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/10/21 (土) 08:15】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ぺこ
そうだったのですか。
私は全然気付きませんでした^^;
色々大変だった時を共に過ごしてきたお二人の作品なんですね。


コメントを閉じる▲

  
お気づきの方もおられるかもしれませんが、このブログは途中から二人三脚で書いています。

微妙にタッチの違う文面があるかと思います。お互いがお互いのブログを客観的に読みあって作り上げて
いるんです。
自分本位の偏った考えで読む方を混乱させてはいけないからです。

それでも、混乱させたらごめんなさい^^

高齢者配食をいよいよ離れることになったとき、一番困ったことは貧困の前に、利用者さんの受け入れさき
でした。
今思い出しても二人で涙ぐましい努力をしたと思います。

閉店することがわかっているのに、電話はどんどん増え、四年間の努力で信頼関係を築いた支援センター
なども、こともあろうに取引が停止になっても次々かかる有様でした。

暑い夏・・・・・でしたがその暑さの思い出がほとんどありません。

極度の緊張が続き、今も後遺症で首の神経が傷んだままです。

もう終わりに近い晩夏の朝、仕事に出たつれあいから、「きれいな朝焼けやで」とのメールが入りました。

日々は嵐のごとくの勢いでしたが、私たちには何かおごそかな最後の印象が残っています。

その時、つれあいに残されたたった一つのつぶやきが・・・・・このブログだったのです。

ブログは、辛い日々をためぬいた、黙って働く男のたったひとつの心の通り道だったのです。

山の湧き水が岩の隙間からにじみでるようなつぶやきは、今もふたりごととなって流れていきます・・・・・・・

 

PR

【2008/04/19 (土) 17:49】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
ぺこ
そうだったのですか。
私は全然気付きませんでした^^;
色々大変だった時を共に過ごしてきたお二人の作品なんですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
そうだったのですか。
私は全然気付きませんでした^^;
色々大変だった時を共に過ごしてきたお二人の作品なんですね。
2008/04/20(日) 00:12 | URL  | ぺこ #9903313256[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック