忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/22 (木) 23:15】 |
トラックバック() | コメント()

無題
元加盟店
気分が悪いと言いながら、このブログを閲覧し、しかも批判をしてくる人は、何か目的があってこのブログをやめさせようとしているに決まってます。(そうでなければ、普通ブログをわざわざ見ませんからねぇ)

これからもがんばってください。


夢りんごさんと元加盟店の方々へ
タッキー
私も元加盟店オーナーです。皆さん、その後の生活頑張っていますか。このブログの最近の図式としては、夢りんごさんの本部批判のコメント→第三者の方、現オーナーからの批判→元加盟店オーナーからの夢りんごさんへの応援コメント→そしてバトル(汚い言葉の使用は控えましょう)となっています。
夢りんごさんのコメントは、現在、係争中ゆえに全てを書けない為でしょうが、一般の方には殆んど理解が得られない内容になってしまっています。先日のコメントの中に自身の地位を上げモト本部と同等の土俵に上がるためのブログとありますが、これはかえって逆効果です。買掛金を生じさせた自分自身の過ちをちゃんと認めないことには、一方的に本部批判を繰り返しても意味はありません。第三者や利害関係のない方からの賛同は得られていません。唯一、元加盟店オーナーが「本部の嫌がらせだ!!」とか「人の心の痛みがわからない人だ!!」など単なる感情論でしかバックアップできていないのは、残念です。わたしも応援したい気持ちもありますが、買掛金の問題、生計費への流出など自分としても未だ引っかかっている点が残っています。それは自分も苦しかったのですが、ちゃんと支払いをしなかったことはなかったからです。高齢者の少ない年金の中から頂いたお金を支払わず単に自分の生活に当てる事はできなかったからです。本部への支払いと書いていますが、一つ一つは生産者の方々への対価の支払いであることを考えられなかったのでしょうか。

P.S
現在、加盟検討中の方々もご覧になっているようなので、わたしなりにモト本部を説明させていただくと、このなかで夢りんごさんが書いているような極悪な本部ではなく、ごく普通のどこにでもあるフランチャイズ本部です。ただし、この高齢者配食ビジネスだけに関わらず何のビジネスでもそれなりの資金と覚悟が必要です。


コメントを閉じる▲
このブログを見た方からいろいろなコメントをいただいています。

以前加盟店であった方、現在も加盟されている方、またフランチャイズへの加盟をこれから検討されている方、
時々訪問していただいている方、偶然ブログに立ち寄っていただいた方、それぞれ貴重なコメントをいただき、
感謝しています。

真剣に思った疑問や、意見の全てのコメントに、的確にお返事できず申し訳ありません。

どんなコメントでも、このブログに関して思いを書いていただいたコメントですから、こちらで勝手に削除したり
編集したりすることはいけないことだと思っていました。

しかし、匿名でのコメントを利用して、最低限のマナーを守っていただけないようなコメントはこれから削除させていただきます。

自分に都合のいいコメントだけを残すつもりは毛頭ありません。
厳しい意見であっても、真剣に書いていただいたコメントはちゃんと受け止めています。

が、「ドロボー」呼ばわりされる覚えはありませんので、次回からこのようなコメントは削除しますので、ご了承下さい。納得できなければ、直接お会いしてお話しします。
PR

【2008/05/29 (木) 17:42】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
元加盟店
気分が悪いと言いながら、このブログを閲覧し、しかも批判をしてくる人は、何か目的があってこのブログをやめさせようとしているに決まってます。(そうでなければ、普通ブログをわざわざ見ませんからねぇ)

これからもがんばってください。


夢りんごさんと元加盟店の方々へ
タッキー
私も元加盟店オーナーです。皆さん、その後の生活頑張っていますか。このブログの最近の図式としては、夢りんごさんの本部批判のコメント→第三者の方、現オーナーからの批判→元加盟店オーナーからの夢りんごさんへの応援コメント→そしてバトル(汚い言葉の使用は控えましょう)となっています。
夢りんごさんのコメントは、現在、係争中ゆえに全てを書けない為でしょうが、一般の方には殆んど理解が得られない内容になってしまっています。先日のコメントの中に自身の地位を上げモト本部と同等の土俵に上がるためのブログとありますが、これはかえって逆効果です。買掛金を生じさせた自分自身の過ちをちゃんと認めないことには、一方的に本部批判を繰り返しても意味はありません。第三者や利害関係のない方からの賛同は得られていません。唯一、元加盟店オーナーが「本部の嫌がらせだ!!」とか「人の心の痛みがわからない人だ!!」など単なる感情論でしかバックアップできていないのは、残念です。わたしも応援したい気持ちもありますが、買掛金の問題、生計費への流出など自分としても未だ引っかかっている点が残っています。それは自分も苦しかったのですが、ちゃんと支払いをしなかったことはなかったからです。高齢者の少ない年金の中から頂いたお金を支払わず単に自分の生活に当てる事はできなかったからです。本部への支払いと書いていますが、一つ一つは生産者の方々への対価の支払いであることを考えられなかったのでしょうか。

P.S
現在、加盟検討中の方々もご覧になっているようなので、わたしなりにモト本部を説明させていただくと、このなかで夢りんごさんが書いているような極悪な本部ではなく、ごく普通のどこにでもあるフランチャイズ本部です。ただし、この高齢者配食ビジネスだけに関わらず何のビジネスでもそれなりの資金と覚悟が必要です。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
気分が悪いと言いながら、このブログを閲覧し、しかも批判をしてくる人は、何か目的があってこのブログをやめさせようとしているに決まってます。(そうでなければ、普通ブログをわざわざ見ませんからねぇ)

これからもがんばってください。
2008/05/30(金) 21:35 |   | 元加盟店 #5612baff42[編集]
[管理者用 返信]
コメントありがとうございます。
なんとか頑張ってます。
日々大変なことが多いですが、ここで死ぬわけにはいかないので、これからも頑張り続けます。
2008/06/02(月) 18:25 | 夢りんご

夢りんごさんと元加盟店の方々へ
私も元加盟店オーナーです。皆さん、その後の生活頑張っていますか。このブログの最近の図式としては、夢りんごさんの本部批判のコメント→第三者の方、現オーナーからの批判→元加盟店オーナーからの夢りんごさんへの応援コメント→そしてバトル(汚い言葉の使用は控えましょう)となっています。
夢りんごさんのコメントは、現在、係争中ゆえに全てを書けない為でしょうが、一般の方には殆んど理解が得られない内容になってしまっています。先日のコメントの中に自身の地位を上げモト本部と同等の土俵に上がるためのブログとありますが、これはかえって逆効果です。買掛金を生じさせた自分自身の過ちをちゃんと認めないことには、一方的に本部批判を繰り返しても意味はありません。第三者や利害関係のない方からの賛同は得られていません。唯一、元加盟店オーナーが「本部の嫌がらせだ!!」とか「人の心の痛みがわからない人だ!!」など単なる感情論でしかバックアップできていないのは、残念です。わたしも応援したい気持ちもありますが、買掛金の問題、生計費への流出など自分としても未だ引っかかっている点が残っています。それは自分も苦しかったのですが、ちゃんと支払いをしなかったことはなかったからです。高齢者の少ない年金の中から頂いたお金を支払わず単に自分の生活に当てる事はできなかったからです。本部への支払いと書いていますが、一つ一つは生産者の方々への対価の支払いであることを考えられなかったのでしょうか。

P.S
現在、加盟検討中の方々もご覧になっているようなので、わたしなりにモト本部を説明させていただくと、このなかで夢りんごさんが書いているような極悪な本部ではなく、ごく普通のどこにでもあるフランチャイズ本部です。ただし、この高齢者配食ビジネスだけに関わらず何のビジネスでもそれなりの資金と覚悟が必要です。
2008/06/01(日) 19:53 |   | タッキー #99b59f6013[編集]
[管理者用 返信]
タッキーさんへ
貴重なコメントありがとうございます。
ただ、私は事業の全てを「モト本部」のせいにしている訳ではありません。
買掛金が生じたことはもちろんいい事ではなく、自分自身の商売における未熟さや、過ちも認めています。
何故、そうなる前に最善の方法がとれなかったのか今でも悔やんでいます。
買掛金もこれまで一度も払わないとは言っていません。
何もかも「モト本部」のせいにして、逃げようなどという気持ちもありません。タッキーさんのコメントに「極悪な本部」書かれていましたが、私達が加盟した当時はまだフランチャイザーとしての組織が確立できていなかったせいもあり、本部として加盟店に対する指導能力が弱かったのだと思います。しかし、会社組織としてそれを認めることができないため、いろんなトラブルが生じたのだと思います。お互い自分達の「非」を認めることができなければ、それはただの子供の喧嘩になってしまうと思うんです。
「非」を認めて話し合えば解決できる問題もあったと思っています。
タッキーさんのおっしゃるように、ビジネスにはそれなりの資金と覚悟が必要なことは間違ありません。でも最近いろんな方と出会ったり話を聞いたりしている中で勉強になることが多く、考えさせられる事ばかりです。

2008/06/02(月) 18:20 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック