忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/19 (土) 20:15】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ネコママ
考えたってしかたない。。。と思っていても
考えて。。。答えは?かなー
ネコママはどれにあたるかな^^;


無題
羊飼い
どのタイプかなぁと考えたのですが、自分ではよくわからないものですね。

でも若い頃は、遠くに行くことを選択しました。
多分怖いもの知らず、エネルギーもあり、新しい場所への興味もあったんでしょうね。

今は、子どものためにも、「ここにいる」を選択せざるを得ないのです。
場所だけの問題ならば・・・ですが。
自分の精神は高く、とどまりたくないですね。^^



コメントを閉じる▲
同じ日の朝、同じようなことを考える人がいるようです。

夜明けに目が覚めて、「この世には三種の人間がいるよな」

ふとそう思いました。 何気の朝のテレビの中で、同じことを

言っていて奇遇でした。 「遠くへと行く人」「運命を受け入れて同じところで

生きる人」   の二種類に「どちらでもない人」がいると。

 同じだな・・・・私はどちらでもないな。  実はこの「どちらでもない人」は

結構、数奇な大変な人生を歩む人だと私は思いました。

 前者の二つが明快に選んだ生き方に対して「どちらでもない」

は、「運命も受け入れて遠くへも行き同じところにも生きる」ということ

ですべてを否定しない人生を歩く重さを感じました。 でも、その分

世の中のことや、人の哀しみや傷み、あらゆることを感じて受け入れて

生きる。  いつしか、この先のことまでよくわかるようになる。

 私に至っては「ああしよう」「こうしよう」ではなく、次のすることが

勝手に舞い降りてくるというような生き方になります。

あるいは引き止める声も力もかかりますが、自然に逆らわず行動します。

それが逆方向でいったん悪化したように見えても、実はその悪化の

プロセスが次への道への通過点であるというような生き方です。

 同じような生き方の人がいれば、これは苦労の多い人生だと

明言できます。 でも不幸とは違う。 ・・・・もうひとつ、好きな茨木のり子さんの

エッセイにあった一文、「本当に教育の名に値するものがあるとすれば、それは

自分で自分を教育できたときではないかしら」と。 これにも共鳴です。

受容的ではなくもっと能動的なもの、自分の中に一人、厳しい教師を育てえた時

だと。  私はこれを「何者でもない自分」が厳しい教師を作り、運命を受け入れて

時には遠く時には近く人生を歩むということに専念する・・・・私自身の生き方と

しようと思いました。   それは他人を否定しないことではなく、自分を曲げない部分に

おいて自他に厳しくという意味で。  この自分に深く染みとおる生き方は、やがて

人の苦しみもそれらの傷みも受け入れて、災害のような長い長い深い道も生き抜く

力になればいいなと願っています。   生き方を受け入れたら、迷いはなくなります。

どちらにしようか・・・・はなくなります。 目の前の道を歩くことになり、かたまります。

 何者でもない生き方は、何にでもなる生き方です。 不幸にさいなまれた人もどのタイプ

と決めず、柔軟に「何者でもない」と解放できたらいいなと思います。


    *  ブログの著作権は放棄していません。

        転写、引用、乱用お断りいたします。
PR

【2011/04/20 (水) 17:40】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
ネコママ
考えたってしかたない。。。と思っていても
考えて。。。答えは?かなー
ネコママはどれにあたるかな^^;


無題
羊飼い
どのタイプかなぁと考えたのですが、自分ではよくわからないものですね。

でも若い頃は、遠くに行くことを選択しました。
多分怖いもの知らず、エネルギーもあり、新しい場所への興味もあったんでしょうね。

今は、子どものためにも、「ここにいる」を選択せざるを得ないのです。
場所だけの問題ならば・・・ですが。
自分の精神は高く、とどまりたくないですね。^^



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
考えたってしかたない。。。と思っていても
考えて。。。答えは?かなー
ネコママはどれにあたるかな^^;
2011/04/22(金) 10:01 | URL  | ネコママ #4fc1043077[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
こんにちは^^

ネコママちゃんはね・・・・見た限りでは「運命を受け入れて同じところで

生きるタイプ」ですよ^^一番安定した人生です。でも途中で違うって

気づくことがある・・・・その時に人生のレールが変わります。

だからね・・・・答えは「まだ解らない」だと思う。
2011/04/23(土) 13:09 | 夢りんご

無題
どのタイプかなぁと考えたのですが、自分ではよくわからないものですね。

でも若い頃は、遠くに行くことを選択しました。
多分怖いもの知らず、エネルギーもあり、新しい場所への興味もあったんでしょうね。

今は、子どものためにも、「ここにいる」を選択せざるを得ないのです。
場所だけの問題ならば・・・ですが。
自分の精神は高く、とどまりたくないですね。^^

2011/04/24(日) 22:11 | URL  | 羊飼い #4fbb9d5345[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
こんにちは^^ 多分誰しも一度は「遠くへ」と望むのでは?

私たちの時代は、「とどまる」ことが多い時代でした。まだ戦後の

空気がそうしたんでしょう。 でも、そこで我慢をしていい人と

抑圧のエネルギーが後世に響く人といるんじゃないかと。 親に抑えられて

きたタイプは熟年に何かがあふれるようです。羊さんは、いい感じに

育ちましたね^^
2011/04/25(月) 15:04 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック