忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/21 (月) 02:29】 |
トラックバック() | コメント()

無題
☆和香☆
こんにちは!
人生いろいろあるけれど、
一度どん底を味わうと、心に免疫力が出来るのは確かだと思います。次、訪れた辛いことが心にダイレクトにドスンと来ませんでしたね・・・・
これは麻痺したことか?
いえいえそれだけ人間的に成長したと考えたところですが(笑)


難しい問題や
タカビー
こんにちは。

>いい仕事をされる方というのは
まさに「震えるアンテナ」を持っておられるのでしょうか。 

上手いこと言いますな。

確かに作家とかも自殺者が多いですよ。

近いうちに記事にしますが、人間は淘汰に向かっているのかも・・・。


コメントを閉じる▲
心の復興へのバロメーターは、「あれこれ考えずに言葉がかけられるか」「人がどう思ってもだいたい平気か」

「強い言葉が返ってきても、少し引いて、落ち着いて対応できるか」などなど、自分なりに小さな挑戦を

することから始めます。   前にもいいましたが、足や手の怪我は見て伝わります。

身体の病気は怪我ほどではないけれど、伝えることはできます。  心や脳の傷はなかなかわかりません。

また、誰彼なく伝えません。   人は見た目ではわかりません。  

昨日、九州大学で教授をされていた精神科医で作詞家でもある北山修さんが興味のある話しをされていました。

「帰って来た酔っ払い」♪  で日本中をブレイクさせたフォークルセダーズでしたが、一躍マスメディアに

引っ張りだされて「心」を置き去りにされたと。 それで、その「心」の部位に戻るために、一線から退き

臨床心理と向き合ったのだと。 とてもナイーブな方なんだと思いました。   共に歌って、昨年世を

去られた加藤和彦さんも、優秀にしてナイーブな方のようでしたが、いい仕事をされる方というのは

まさに「震えるアンテナ」を持っておられるのでしょうか。  それにしても63歳、爽やかで飄々として

「あの素晴らしい愛をもう一度」のまんまですね。      遠回りしましたが、心の復興は、ゆっくりと

建設的に・・・・・が目標です。    よく、何かあった時に「現実に目を向けて」といいますが、

個人的には、あまりにも怖いことや酷い出来事、哀しい出来事が重なった時は私は無理してみないほうが

よいと思います。全部を直視できる強い人はそうすればよい。   でもどうしてもできない時は、とにかく

下でも横でもいいから、直視しないで黙々と歩けばよいと思います。  太陽と現実はことによると

直視しないほうがよい(笑)   これは「逃げ」の姿勢ではないので、或いは「逃げ」だとしても構わない。

そのうち、何が起こったか・・・・だんだんわかります。 その流れに従ったほうがよいと思うのです。

 数ヶ月前の帰り道、 交差点で信号待ちをしていて、大きな事故を目撃しました。 速度を落とさず

衝突したので片方は大きめのバンだったんですが一瞬にして宙に舞い上がり、運転席を下に落下したのです。

もう片方は前がめちゃめちゃに壊れました。 それはもう、スローモーションで、あたりは静まりかえり

私は「何かしなくちゃ」と思いながらも手足、身体が震えて信号が青になるのを待ってやっと左折して止まる

のが精一杯でした。 ガタガタ震えて降りると、その頃には後続の車や人が集まっていて、救急車や

消防車までが、到着しました。  また、早春に義父が亡くなりましたが、「事実」を聞かされても夢のよう

だったりします。  白日夢のようなのです。  人が見れば「大丈夫」のような気がしても、後から立ち直る

ことができないことも往々にしてあります。   戦争体験の人たちも、災害の被災者の人たちも、もしかしたら

そんな風に越えてこられたかもしれない。 家族や恋人、近しい人を亡くすということは、その後を生きる者

にとって、すぐに直視していけることではないかもしれない。 ニュースで、事故などで家族の中に、

たった一人残った人などがいると「どうやって生きていかれるのか」と思うけれど、これはもう・・・・・

今までの過去の一切が「無かった事」として、何も感じないようにいくしかないように思います。

現実として受け止められることではないという気がします。 その時、頑張っていけばいくほど、後から

心の復興がついてこないかもしれない。  だから・・・・・直視できなければそれでよいと。

 傍目から「何してるんやろ」と思われても、生きていくだけで大変な時期はそれでよいと。

やがて、何が起こったのか、わかってくる。思い出すと怖くなったりするかもしれない。  それからが心の

復興だと思います。 また、好きな人の言葉でしたか・・・・「心の苦しみは外に出し、やがて社会に生かされ

なければ、苦しみ損である」と。   いきなり社会に生かされることなどありません。  心の復興と苦しみが

社会に生かされるということは、ベクトルが同じだと思います。  今、小さな挑戦をしながら、心の復興に励み

ます。 途中でまた、何かあるかもしれない。   当然、人生のピークですもの。   下り坂になるまでは

まだまだ、辛いかもしれない。 いや、人生は下り坂だって結構、大変だと思う。  その都度、負けていい。

そして、心の復興を積み重ねましょう。   少しは免疫もつくかもしれない。 いや、相変わらずかも・・・・・

                                                     (続)
PR

【2010/07/28 (水) 17:17】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
☆和香☆
こんにちは!
人生いろいろあるけれど、
一度どん底を味わうと、心に免疫力が出来るのは確かだと思います。次、訪れた辛いことが心にダイレクトにドスンと来ませんでしたね・・・・
これは麻痺したことか?
いえいえそれだけ人間的に成長したと考えたところですが(笑)


難しい問題や
タカビー
こんにちは。

>いい仕事をされる方というのは
まさに「震えるアンテナ」を持っておられるのでしょうか。 

上手いこと言いますな。

確かに作家とかも自殺者が多いですよ。

近いうちに記事にしますが、人間は淘汰に向かっているのかも・・・。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
こんにちは!
人生いろいろあるけれど、
一度どん底を味わうと、心に免疫力が出来るのは確かだと思います。次、訪れた辛いことが心にダイレクトにドスンと来ませんでしたね・・・・
これは麻痺したことか?
いえいえそれだけ人間的に成長したと考えたところですが(笑)
2010/07/29(木) 10:22 | URL  | ☆和香☆ #9361f54982[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
ふふふふ!お互い、落ち方覚えたよねえ(爆) 一回、木に引っかかれば
衝撃が小さいとか(笑)   お互いの「引っかかりの木」になりあって
何とか生きていこう。   あ、でも・・・・・周囲は迷惑かもしんない^^おそらく・・・・   私のクッションになってえ!え?私はクッションにならないよ!(笑) 自分で見つけな!
2010/07/29(木) 14:11 | 夢りんご

難しい問題や
こんにちは。

>いい仕事をされる方というのは
まさに「震えるアンテナ」を持っておられるのでしょうか。 

上手いこと言いますな。

確かに作家とかも自殺者が多いですよ。

近いうちに記事にしますが、人間は淘汰に向かっているのかも・・・。
2010/07/30(金) 17:22 | URL  | タカビー #527fb8c050[編集]
[管理者用 返信]
Re:難しい問題や
こんにちは^^「震えるアンテナ」は茨木のり子さんの詩の言葉ですよ。
 本当に彼女の言葉は「うまいなあ」と思うわ・・・・・
では、どんな人間が生き延びて、どんな人間が滅び行くのでしょうね。
記事、楽しみにしてるわ・・・・
 ゆずジンジャーだっけ?・・・・プレゼントするので飲んでしまうように奥様に伝えて(笑)
2010/07/30(金) 17:34 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック