忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/23 (金) 03:22】 |
トラックバック() | コメント()

無題
羊飼い
いやほんとに、救われた思いです。
駅の責任者さんは良かった。

世の中、分かりあえる人と分かりあえない人種が存在します。
だから最初から、もめごとが嫌であきらめることが多いです。
でもこんな目にあっても、頑張ったお二人はすばらしいし、夫婦仲の絆も感じます。
私だったら駅でもめる前に夫婦喧嘩で終わりです。
いいお話しありがとうございました。私もお二人のように、いいパートナーに巡り合えたらと思います。


無題
ネコママ
2人で頑張った成果ですね♪
ネコママ家なら絶対に大げんかの
勃発ですよ~(笑)


無理しないで
タカビー
夢さん、こんにちは。

うーん、一連の流れを聞くと
かなりしんどそうな旅です。

夢さん、よう頑張るなぁ(笑
ボクなら、すぐにコケてるわぁ。

というか今もそうやけど
ボクは気持ちに余裕が無いと
旅に行こうと思わへんなぁ…。

こんな旅行ったら、3日間くらい
寝込んでしまいそうですわ(ノω`*)



無題
berry-berry
yumeたん、こんにちは♪ (*'-'*)/♪

この記事からコメントが入らなくなり
コピーを取っておいたので
再度、コメしますねー。

連日遊びに来てくれて、どうもありがとう。
なかなかお邪魔できなくて、
一気に読ませてまらいましたょ。

束の間のお休み…
立山連峰の素晴らしい景色を見るために、
青春18切符を使って、日帰りの旅を選んだおふたり。
気持ちのいい旅をしたかったんですよね。
アクシデントのあと、
話を聞いてほしいのに、納得がいかない状況と
…時間がなぃ。
どうなることかと思いましたけど
最後は、報われましたねー。
清算すればそれで終わりじゃ、悲しすぎますもん。

自分たちが、おふたりの旅を汚してしまったと気づいて
頭を下げてくれたこと…
気持ちをわかってくれたこと、本当によかった…。
『雨晴』の駅名は、このお話にピッタリですね。
ピッタリ過ぎて、感動です!! o(〃^▽^〃)oアハハッ♪

気づけば、ほとんど食べず
村長さんはビールも飲めずで、お気の毒でしたが
結果オーライ!!

心に残る旅ができて、私も幸福感を味わえた気がします。
改めて、ステキなご夫婦だと思いました。


コメントを閉じる▲
 修羅場というと、とんでもない喧嘩のおっぱじまりを想像しますが、私のいうそれは

精神世界の糸をほぐし、本来の関係を取り戻すという意味があります。  そこに人間としての

双方の成長が付随すればなお良い。  でも相手があることなので思うとおりの解決はできませんし

できれば納得のいく解決に向かってポジティブに低い石段をあがっていけたらと思っています。

 自分達では気がつきませんでしたが、これらの経験は解決への通過点。  そうこの思いひとつひとつが

過程だと認識すれば、結びをきちんとすればよい。   漠然とそう考えていました。

こんな冷静な気持ちではいられませんでしたが、今思えば先の解決を信じて歩んでいたような気がします。

もちろん、方向はわかりませんが「思いを伝えて心を晴らす」という目標は漠然とあったように思います。

 えらいさんは二人いました。 通りいっぺんの話しのあとつれあいはまた、しっかりと語り始めました。

「思い違いで乗ったことはわかります。でも、そのまま知らん顔していくこともできるし、そんな人もいますよね」

「なぜ、わざわざ改札で申し出て厄介なことをしたのか解かりますか。」   最初は一方からの見方だった

おえらいさんは話しを聞き始めました。 いくらか話しが続き 私が話しました。

内容はまず、自分たちの乗りちがいは認めること、でもそれはめったにない夜に出て青春18切符を使い

旅をするという自分たちにとっては「夢の旅」であったこと、だから切符に対しては緩みも多少あったこと、

よくよく考えれば、そんなお得な切符ではないなあとは解かること。   次に最初の駅の対応、乗り継ぎ駅の

対応(企画切符の確認)、特急内の対応、降りた改札の対応、 昨日の夜のこと、朝の改札のこと、氷見線に

乗らなければ目的が果たせないこと、到着駅の対応(申し出てからまるで、罪人かのような執着の言葉)、

雨晴駅で途中下車、そして今・・・・・・。   切符の精算は簡単です。 でもこの一連の対応は何なのか?

と問いました。 「切符の確認は出さないお客さんもいるようです」と言われたので「でも私達はちゃんと出しまし

たよ。 窓口もそんな混んでいなかったし、二人でちゃんと確認してもらいました。」 「新入の女子社員が見落

としたんですよ。」 「女子?  いいえ男性でした。窓口は若いけれど男性でしたよ。会えばわかります。切符

に時間もあるでしょう?」 どうやら新入女子社員に濡れ衣がかかったようでした。 不思議に落ち着いて話し

ができました。  「私達は旅を汚したくなくて申し出をしたんです。」・・・・・・雨晴の風景が脳裏に浮かびました

。  「富山湾ごしの立山連峰を見るためにここにきたんです。 その目的のために朝は時間がなくなって名刺

を預けて乗ったんです。 なのに行く先々の対応は何ですか? 主人は車窓からビールを飲むこともできなか

った。 ここにくるまで気持ちを張っていなければ酔っ払いのいちゃもんになってはいけないから。」

「帰りは特急は使えません」(・・・・・まだいうか!)「帰りには使わないですよ。もうわかっているんだから。帰り

に使うんなら申し出はしませんよ。」 「奈良までは遠いでしょう。特急で帰られたほうがいい。」

「いえいえ、18切符で帰ります。これは意地ではなく予算もないですし、そのつもりでしたから。」

どうやら、まだ帰路に特急を使うかもと疑っているようでした。  でも、自分達はシンプルでピュアな気持ち

でした。 「鈍行と快速?があれば乗れるんですね?」 静かにお話しは進みました。 そしてつれあいは

自分達の旅の時間と費用がどれだけであるか、現在の仕事とここにきたいきさつを話しました。

 「さいわい、立山連峰はきれいに見えました。雑多なことや厄介な事件に巻き込まれ毎日大変ですが、それ

だけでも恵まれました。」 「そう、こんないいところはないと思いました。だからこそ旅をもう汚したくない。」

そして話すうち、この駅の偉い人は「大事な旅を汚してしまいすみませんでした。」と頭を下げられたのです。

正直、めんどくさい相手だと思われたかも知れません(笑)  でも、それだけではないと感じました。

その後つれあいが自分達の趣旨と解決の希望を話し清算し相手からは大事な旅を悉く汚した謝罪をいただき

ました。  この展開に胸の霧は一気に晴れました。「雨晴」・・・・・その名のとおり。

 「奈良に鈍行ならばもう出ないといけないでしょう。時間を調べます。」 2時38分の列車に乗りに

私達は解決のお礼を言って部屋を出ました。お礼というのは「話しを聞いて信じてくれた」お礼でした。

お腹がぺこぺこだったのに気づき(笑) 10分で駅そばを食べました。 ものすごく美味しかった・・・・・

ほんとうに生きてる心地のする味でした。 そのあとの帰路の9時間に及ぶ車中は風邪の熱のあとの

爽快さ、気持ちよさ、物事が吹っ切れたさわやかさ・・・・そして勇気と自信のようなものまで訪れました。

五ヶ所で乗り換え、都度何回も特急が追い越していきましたが、時間まちの駅さえ新鮮で車窓の山も

清々しく、「この思いに行き着くための旅だったんだ」と気づきました。 幸福感とはこのこと、

もしも何の事件もなく、すんなりと終わったら確かに無事でよかったけれども「幸福感」もない。

しかも、なにか自分達で手に入れた手探りで手作りの幸福感だというきがしました。思い出にもなった。

もう一度行きたい場所にもなった。 もう一度会うのもいいような気がする。 だから・・・・・・

  私はその駅の名前も書きません。地図で見ればすぐわかるけど、私はその駅人に思いを救われた。

鉄道会社はとくにあの事故以来、叩かれることも多く、毎日のように人身事故や事件、点検・・・・

加速社会を走りながら批難にも追われています。  でも、すべての人間ではない。 一連の出来事の

総責任を自分が負うという人もこうしているのです。  その心に救われた。  だから、心にちゃんと駅を

とどめておきたい。    そしてJRはその名をあげた・・・・私は駅にありがとうといえる。

 人は頭を下げるときには下げないといけないと思いました。 えらくなればなるほど、大きくなればなるほど

実るほど~頭を垂れる稲穂です。  そして小さな私達は、こんな日本でも「声」を出して生きていかねば

届かない。  諦めたりするのは簡単だけど、自分の声を不器用でもいい。出していかねば解決も幸福感も

味わえない。  食べたものは駅そば280円とおにぎり。  氷見の寒ぶりも見学だけ(笑) でしたが

幸福感が最後に味わえた。    奈良に着いたのは11時^^  車をとりにお店に寄って帰宅は12時近く。

それなのに、この足取りはなんだろう。   この気分はなんだろう。 平穏無事なみんなよりひときわ

輝く気持ちはなんだろう。   「起承転結」・・・・ものごとにはすべてあるもの。でも今は今の日本は

「転」に対応できないでいる。 お話しでいえば「朝、改札で申し出た」あたりか。 そして「転」に向き合うため

「雨晴」でいったん降りたと思う。 いったん流れを裏切るのです。  そこで砂を慣らす。

  これらは脳内経路にしたがって行動しましたが、実際は途方もなく疲れます。 真似されてもいいけれど

ものすごいエネルギーを消耗します。 消耗するから道が開け、爽快感で生きていけると思ってください。

そして私は、この出来事でもっと大きな収穫に気づきます。 「あ!」・・・・・

                                                   (続)

  *ブログの転写、引用は絶対お断りします。 著作権をまもります。



PR

【2011/02/09 (水) 16:21】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(4)

無題
羊飼い
いやほんとに、救われた思いです。
駅の責任者さんは良かった。

世の中、分かりあえる人と分かりあえない人種が存在します。
だから最初から、もめごとが嫌であきらめることが多いです。
でもこんな目にあっても、頑張ったお二人はすばらしいし、夫婦仲の絆も感じます。
私だったら駅でもめる前に夫婦喧嘩で終わりです。
いいお話しありがとうございました。私もお二人のように、いいパートナーに巡り合えたらと思います。


無題
ネコママ
2人で頑張った成果ですね♪
ネコママ家なら絶対に大げんかの
勃発ですよ~(笑)


無理しないで
タカビー
夢さん、こんにちは。

うーん、一連の流れを聞くと
かなりしんどそうな旅です。

夢さん、よう頑張るなぁ(笑
ボクなら、すぐにコケてるわぁ。

というか今もそうやけど
ボクは気持ちに余裕が無いと
旅に行こうと思わへんなぁ…。

こんな旅行ったら、3日間くらい
寝込んでしまいそうですわ(ノω`*)



無題
berry-berry
yumeたん、こんにちは♪ (*'-'*)/♪

この記事からコメントが入らなくなり
コピーを取っておいたので
再度、コメしますねー。

連日遊びに来てくれて、どうもありがとう。
なかなかお邪魔できなくて、
一気に読ませてまらいましたょ。

束の間のお休み…
立山連峰の素晴らしい景色を見るために、
青春18切符を使って、日帰りの旅を選んだおふたり。
気持ちのいい旅をしたかったんですよね。
アクシデントのあと、
話を聞いてほしいのに、納得がいかない状況と
…時間がなぃ。
どうなることかと思いましたけど
最後は、報われましたねー。
清算すればそれで終わりじゃ、悲しすぎますもん。

自分たちが、おふたりの旅を汚してしまったと気づいて
頭を下げてくれたこと…
気持ちをわかってくれたこと、本当によかった…。
『雨晴』の駅名は、このお話にピッタリですね。
ピッタリ過ぎて、感動です!! o(〃^▽^〃)oアハハッ♪

気づけば、ほとんど食べず
村長さんはビールも飲めずで、お気の毒でしたが
結果オーライ!!

心に残る旅ができて、私も幸福感を味わえた気がします。
改めて、ステキなご夫婦だと思いました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
いやほんとに、救われた思いです。
駅の責任者さんは良かった。

世の中、分かりあえる人と分かりあえない人種が存在します。
だから最初から、もめごとが嫌であきらめることが多いです。
でもこんな目にあっても、頑張ったお二人はすばらしいし、夫婦仲の絆も感じます。
私だったら駅でもめる前に夫婦喧嘩で終わりです。
いいお話しありがとうございました。私もお二人のように、いいパートナーに巡り合えたらと思います。
2011/02/09(水) 19:16 | URL  | 羊飼い #2ac0ad4611[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
疲れるお話しにつきあってくれてありがとうございました^^

嫌なことに嫌な思いを積み重ねて最後まで嫌な旅で終わり、仮にスルーで

お金が助かったとしても、「思い出」は傷つくと思いました。

自分の思うままに生きてみたら、世の中がどんなところか勉強になりました。

じゃじゃぶりの雨だけは最後に「晴らし」たかったんですね^^

そしてこの経験はやはり人生のメッセージだと気づきます。 羊さんも

よいパートナーに巡りあいますように^^ よいパートナーというのは

「いざという時」心をひとつにできる人だと思います。うちも普段は

むしろ、対立していますよ(笑)最後までありがとう・・・・・
2011/02/10(木) 14:36 | 夢りんご

無題
2人で頑張った成果ですね♪
ネコママ家なら絶対に大げんかの
勃発ですよ~(笑)
2011/02/10(木) 14:02 | URL  | ネコママ #4fc1043077[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
いえいえ・・・・同じですとも(笑)

何度も喧嘩しかけましたよ^^ でも白昼、不機嫌に旅して帰っても

次からの仕事が報われない^^ いい思い出にしなければ、苦しみ損だと

思ったんです。 自分達のためですよ^^
2011/02/11(金) 13:51 | 夢りんご

無理しないで
夢さん、こんにちは。

うーん、一連の流れを聞くと
かなりしんどそうな旅です。

夢さん、よう頑張るなぁ(笑
ボクなら、すぐにコケてるわぁ。

というか今もそうやけど
ボクは気持ちに余裕が無いと
旅に行こうと思わへんなぁ…。

こんな旅行ったら、3日間くらい
寝込んでしまいそうですわ(ノω`*)

2011/02/11(金) 16:36 | URL  | タカビー #28926cc6f2[編集]
[管理者用 返信]
Re:無理しないで
こんにちは^^  まさに私はきちがい沙汰です(笑)私より
 
夫をお褒め下さりませ^^ 二人とも病気ですわ(爆) うちも以前は

多分、三日間寝込みますわ。 でも、これ以上不幸はごめんやったんです。

 これ以上はもう嫌や・・・・ゆうてるんやわ。 そしたら、取り戻すしか

ないやんか。 せめて、心の雨晴だけでも。 そしたら、これがなんと

苦しみのあとの爽快で^^  いっぺん体験してみいひん?(笑)ええもん

書けるかも(笑)  タカビーさんならできるかもや。 
2011/02/12(土) 13:32 | 夢りんご

無題
yumeたん、こんにちは♪ (*'-'*)/♪

この記事からコメントが入らなくなり
コピーを取っておいたので
再度、コメしますねー。

連日遊びに来てくれて、どうもありがとう。
なかなかお邪魔できなくて、
一気に読ませてまらいましたょ。

束の間のお休み…
立山連峰の素晴らしい景色を見るために、
青春18切符を使って、日帰りの旅を選んだおふたり。
気持ちのいい旅をしたかったんですよね。
アクシデントのあと、
話を聞いてほしいのに、納得がいかない状況と
…時間がなぃ。
どうなることかと思いましたけど
最後は、報われましたねー。
清算すればそれで終わりじゃ、悲しすぎますもん。

自分たちが、おふたりの旅を汚してしまったと気づいて
頭を下げてくれたこと…
気持ちをわかってくれたこと、本当によかった…。
『雨晴』の駅名は、このお話にピッタリですね。
ピッタリ過ぎて、感動です!! o(〃^▽^〃)oアハハッ♪

気づけば、ほとんど食べず
村長さんはビールも飲めずで、お気の毒でしたが
結果オーライ!!

心に残る旅ができて、私も幸福感を味わえた気がします。
改めて、ステキなご夫婦だと思いました。
2011/02/19(土) 14:54 | URL  | berry-berry #56c8f12a18[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
ベリーたん、こんにちは^^ ふふ・・・・コメントの連打、ありがとうございます。  タカビーさんには「ぼろぼろになる~」と忠告を受け(笑)
 とんでもない旅でしたよ^^ でも人生も同じだね。 苦しみも楽しんで生きていけたら^^  「苦しみは苦しみ」だけど、せっかく生まれてきたんだもの。 苦しみ損は嫌だからせめて「雨晴」しないとね。
  氷見はご主人の故郷なのね?  うらやましい限り。 お正月の
お雑煮のガチンコはうまく乗り越えましたね。   すき焼きのあとの
お餅とは・・・・。 甘辛で焼餅をいれると以外とおいしいかも。
  なんどもありがとう。
2011/02/19(土) 16:15 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック