忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/22 (木) 23:04】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ネコママ
死を選ぶには、よほどの覚悟が必要ですね
よこに立つには精神状態が壊れていないと
無理。。。。だって人間って弱いからだと思う。。。

真面目な人ほど世間に流され自分を見失う事が
多いんでしょうねー
不真面目なのも時には良いかも♪(笑)


お久しぶり
タカビー
夢さん、おはようございます。

うーん重い…。

なんとコメントしたらよいか
言葉につまるなぁ…。

死ぬか生きるかかぁ。
で、自分勝手なぁ…。


コメントを閉じる▲
死の手前というのは人には見えない病気に

冒されています。 精神世界が違います。

線路に飛び込むとか首をくくるとかいうことに、

ためらいがないのは、その人が「歩くように」

あるいは「眠るように」 白い闇の向こうに消えるからです。

 だから、勇気を持てとか早まるなとか、よくいう

「一人で抱え込まないで」というのは、本人には無理があります。

まわりが「そういう状態でないか」を見ているしかありません。

生きる術をなくしたら、まず現実を直視しないことが私の勧める生きる道です。

 「直視しないでどうするんだ」 そんな事を言ってる場合ではありません。

生きるか死ぬかなので、人から幽霊といわれようと宇宙人といわれようと

構わないんです。 真面目な人に自殺が多いのは、これが耐えられないのだと

思います。 「ちゃんとした人間でいなければ」「これまでも俺はきちんと仕事をした」

そのプライドが「崩れる自分」を許せない。 ぐにゃりぐにゃりと不恰好が許せない。

折れるんです。 みっともない自分時代もいいんです。 びしょ濡れもいいんです。

人はそんなあなたを特に笑うことなどない。 笑われたって構わんのです。そんなに

あなたに興味などないといっていい。ボタンがちぎれていようと、セーターに穴があいて

いようとそんなに関係がない。 「そんなファッションじゃないか!」と風を切ればいい。

小さくなって歩いたっていい。 要するに、ほかの人間がどう見たって関係ない。

 大切にすること、 それは食べることと家族、それ以外はとりあえず二の次としよう。

千円札一枚があれば、それをとにかく二枚にしよう。  低いハードルでよい。

歩けるなら、朝 日が昇れば窓をあけよう。 一日一日、食べる術に心と知恵を絞ろう。

とても苦しい日々を噛み締めよう。 一生、続かないために。 遠い先を見ないで足元を見て

生きるのだ。  大切なのは「心の支え」。  夜道が真っ暗よりも月が出ていれば見渡せる。

建築家安藤忠雄さんが言っていた。「大震災のとき、花の苗を配る団体に長蛇の列ができた。

それは何を意味するのか? 水でも食べ物でも衣類でもない。何の足しにもなりそうにない

花の苗に競って被災者が並んだ。それは心の支えを求めていたのだ。」   同じ経験を

私たちもした。  小銭を集めて花苗を買った。 それを秋の店先で丁寧に植えた。 

あなたも植えよう。  一人でもいい。 球根でもいい。 明日も水をやるために生きよう。

その日一日生きるのだ。 最低限の支払いをして青空を見て風を感じて生きよう。

自分の心と身体の平安を目標に生きるんです。 私がその時読んだのは

「経済成長がなければ生きられないのか」という外国の本だった。 「あさっての方向」を

見ているような本だった。 今日明日がわからないんだから人から理解されるわけがない。

それでも死ぬよりはいい。 変わり者といわれても生きる術がなければ仕方がないんです。

恵まれた人の不幸を見てごらんなさい。 あざ笑うのではなく、恵まれていることで

見舞われる不幸が山ほどある。 自分が恵まれていたら、同じではないだろうか。

裕福で、何の悩みもなさそうでも生きる苦しみは山ほどある。 どっちみち不幸は山ほど。

小さな花を育てる自分はささやかだけど幸福感がある。

 恵まれた人が不幸のてっぺんならば、あなたは幸せのどん底にいる。これは私の言葉です。

衣食住の片隅で私がしたもうひとつのこと、それは「知を深める」独学と「心遊び」音楽でした。

死ぬか生きるかなのです。  自分と家族、 そう人からは自分勝手といわれてもいい。


                  *ブログ、転写引用かたくお断りします。

PR

【2011/03/05 (土) 19:35】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
ネコママ
死を選ぶには、よほどの覚悟が必要ですね
よこに立つには精神状態が壊れていないと
無理。。。。だって人間って弱いからだと思う。。。

真面目な人ほど世間に流され自分を見失う事が
多いんでしょうねー
不真面目なのも時には良いかも♪(笑)


お久しぶり
タカビー
夢さん、おはようございます。

うーん重い…。

なんとコメントしたらよいか
言葉につまるなぁ…。

死ぬか生きるかかぁ。
で、自分勝手なぁ…。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
死を選ぶには、よほどの覚悟が必要ですね
よこに立つには精神状態が壊れていないと
無理。。。。だって人間って弱いからだと思う。。。

真面目な人ほど世間に流され自分を見失う事が
多いんでしょうねー
不真面目なのも時には良いかも♪(笑)
2011/03/06(日) 11:43 | URL  | ネコママ #4fc1043077[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
ネコママちゃん、こんにちは^^

私が一番辛かったのは真面目な自分を否定されてしまうことでした。

貧乏よりも辛いことは何かの折「全否定」される世の中だと思う。

長年の真面目を崩すのは大変です^^ 
2011/03/07(月) 11:52 | 夢りんご

お久しぶり
夢さん、おはようございます。

うーん重い…。

なんとコメントしたらよいか
言葉につまるなぁ…。

死ぬか生きるかかぁ。
で、自分勝手なぁ…。
2011/03/07(月) 10:55 | URL  | タカビー #28926cc6f2[編集]
[管理者用 返信]
Re:お久しぶり
こんにちは^^  お久しぶりです。 これは・・・・死ぬ前のぎりぎりの

選択のお話です。だから普通に考えたらついていけませんよ(笑)

それくらいの気持ちでないと「自殺」は止められないと思う。

みんな、きれいに自殺を防止しようとするから減らないんです。

間際の人間は、生きてるのではなく「半分死んでる」んです。迷惑でも

生き延びろというしかない。 そういう、・・・・近い体験がないと

わからないはずです・・・・・訪問ありがとう!
2011/03/07(月) 11:57 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック