忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/04/29 (土) 18:28】 |
トラックバック() | コメント()

無題
☆和香☆
こんにちは!
皆、いろいろな悩みを抱えて生きていますよね・・・
それに、温かい手を差し出すか!更にどん底に突き落とすか!人間性が見えてきますし、その方の生きてきた人生も見えます。
苦しんでいる方を更に追い込めば自殺です・・・・
それで、満足するのでしょうか!
心理的な殺人だと思います。


無題
ネコママ
こんにちは~
生きていく事は日々戦いですが
休息の時の癒しも必要ですよね。
そこを上手く見つける事が大事かも!


ひき売り
タカビー
夢りんごさん、こんにちは。

ひき売りって、いわゆる訪問販売
見たいなものなんですね。

考えてみたらCOーOPなんかも
そうなるんでしょうか。

勇気を持って自ら経験された底を
お話される夢りんごさんには、頭が下がります。

潔いといいますか・・・。
でも、大半の人は隠し通しますね。

>夢ちゃんも、一生懸命闘いますよ。

これからも弱い人たちに
勇気を与え続けてくださいね。


コメントを閉じる▲
少し大きなお庭のある垣根から、大好きなのうぜんかずらのオレンジが開きはじめました。

私の大好きなお花で、以前の配達路にこぼれんばかりに咲いていて、いつも心癒されたお花です。

好きなのは和製の淡いオレンジののうぜんかずらの方で、きついオレンジのアメリカのうぜんかずらは、

自己主張が強くて好みません^^     お花はさておき・・・・  金融機関の以前の借り入れの返済は

大変なものでした。  今も続行しています。  返済猶予の法ができましたが、消えそうな小さなお店には

猶予申請のハードルも並大抵ではありません。  返済にはつながらない保証金なども高いし、

どちらをとっても「追い込まれる」ようにできている。   なので、金融機関ともぶつかりや交渉の毎日です。

  ぶっちゃけいえば「稼げば稼ぐほど、もって行かれる」のです。  みなが破産を余儀なくされるのも

よくわかります。  もし、破産も経験済みなら、まともにいけば死ぬしかないだろうなと思います。

 でも、返済しようと思っている人は多いはずですね。   これは、人事ではないけれど、今の日本は

大変なことになっているなと実感です。  いろんなところに「借り入れしなければ、生きていけない」ような

事情が溢れかえっているのですね。   ・・・・・ところで、私は時折、友人や知人の家に「引き売り」にでかけ

ます。  たいていは夜になるので、毎日は無理だし、あまり度々では人間関係が続かなくなるので

時折なんですが。  先日も、まあ富裕の友(あまり言うと嫌がる笑) 宅に彼女の気に入りそうな品をつんで

でかけました。 ほとんど調味料や食品でしたが一万円余りを買ってくれました。  代償に私は、

彼女の日々の悩みを聞き、解決策を提案して・・・・宅に数時間滞在します。^^

 不思議なことに、出かける直前、棚の「味噌」「ごま油」に腕があたって落としそうになりました。それで

「これって持っていけということかな」とかごに入れたら彼女が「あ、今日お味噌が切れたの、ちょうどよかった」

と味噌、ごま油を買ったんですよね(笑)   変ですね^^        私は事情を鮮明に説明し「今日の引き売

りは何に必要か」とプライドを捨てて話します。  相手は「要らない」ものは買いません。  

宅の家族やネコたちまで出てきます。(あんたは誰や)(何しにきたん?)  猫たちはそんな感じです。

 大変なのは、物を取りに車に戻ると、たいてい門のロックがかかってしまいます。「厄介な家やなあ」

といちいち開けてもらうんですが。 (笑)   こんな話しをするとまた、「呑気そう」で怒るかもしれないですね。

  要は、「心と身体のリハビリ」をしながら、仕事をし生活をし、闘いをしているということです。

これは厳然とした事実です。   死んでもおかしくないところから生きてきたのです。 その段階を見ずに

何とか生きていることに腹をたてている人がいる。  走り回ってじたばたして、まだまだ地獄に堕ちるさまが

見たいのですか?と聞きたいです。  このブログは心のリハビリも兼ねています。そして、今同じような

「何かに追い込まれつつ生きている人」に何とか生きてる心地がする場所に落ち着いてほしい願いをこめて

書いています。   弁護士さんも「この先は経験がないんだ」といわれた未踏の地を歩いています。

 それが、自分の役目だと思ったから。 一人でも「生きること」の指標になれば幸いです。

最近、人々の反応が目に見えてきています。   似たような思いされたかた、途方に暮れている方、

どうか、あきらめないで生きましょう。   夢ちゃんも、一生懸命闘いますよ。  (続)       
PR

【2010/07/01 (木) 16:58】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(3)

無題
☆和香☆
こんにちは!
皆、いろいろな悩みを抱えて生きていますよね・・・
それに、温かい手を差し出すか!更にどん底に突き落とすか!人間性が見えてきますし、その方の生きてきた人生も見えます。
苦しんでいる方を更に追い込めば自殺です・・・・
それで、満足するのでしょうか!
心理的な殺人だと思います。


無題
ネコママ
こんにちは~
生きていく事は日々戦いですが
休息の時の癒しも必要ですよね。
そこを上手く見つける事が大事かも!


ひき売り
タカビー
夢りんごさん、こんにちは。

ひき売りって、いわゆる訪問販売
見たいなものなんですね。

考えてみたらCOーOPなんかも
そうなるんでしょうか。

勇気を持って自ら経験された底を
お話される夢りんごさんには、頭が下がります。

潔いといいますか・・・。
でも、大半の人は隠し通しますね。

>夢ちゃんも、一生懸命闘いますよ。

これからも弱い人たちに
勇気を与え続けてくださいね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
こんにちは!
皆、いろいろな悩みを抱えて生きていますよね・・・
それに、温かい手を差し出すか!更にどん底に突き落とすか!人間性が見えてきますし、その方の生きてきた人生も見えます。
苦しんでいる方を更に追い込めば自殺です・・・・
それで、満足するのでしょうか!
心理的な殺人だと思います。
2010/07/02(金) 10:03 | URL  | ☆和香☆ #9361f54982[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
いつもありがとう! お金のある人は「さらにお金のいる状態になる」というのが実感です。   お金は必要ですが、あればあるで諍いのもとになる。  だから、誰が幸せかなんて本当はわからない・・・・
  ひょっとして、自分ほど幸せな人間はいないかも?と至福のひとときを過ごせば、追い討ちをかけて「請求書」や「催促」がかかります(笑) なんやねん!  この世の中は!また、怒りのきんぴらごぼう作ったろか!!
2010/07/02(金) 11:39 | 夢りんご

無題
こんにちは~
生きていく事は日々戦いですが
休息の時の癒しも必要ですよね。
そこを上手く見つける事が大事かも!
2010/07/02(金) 10:36 | URL  | ネコママ #549910cb5f[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
あ~あ、北海道に住んでたらなあ~!なんて羨みますが、そこはそこで
いろいろあるんでしょうねえ^^  無い者ねだりか?
 でも大空と大地の中で・・・・千春さんの歌は今も応援歌ですよ・・・・
そう、私の癒しは、自然と音楽。 悶々とした夜は辞書と地図で思いを馳せまする。  北海道のページ開いてね(笑)
2010/07/02(金) 11:43 | 夢りんご

ひき売り
夢りんごさん、こんにちは。

ひき売りって、いわゆる訪問販売
見たいなものなんですね。

考えてみたらCOーOPなんかも
そうなるんでしょうか。

勇気を持って自ら経験された底を
お話される夢りんごさんには、頭が下がります。

潔いといいますか・・・。
でも、大半の人は隠し通しますね。

>夢ちゃんも、一生懸命闘いますよ。

これからも弱い人たちに
勇気を与え続けてくださいね。
2010/07/02(金) 16:52 | URL  | タカビー #554ec0309d[編集]
[管理者用 返信]
Re:ひき売り
いつもありがとう!訪問販売はちと聞こえが悪いですね(笑)相手の了解を得て「移動販売」。大半はお話しの聞き手なので「コミュニティ販売」と名づけますか^^     <勇気を持って~>いえいえ、腹をくくって開き直り・・・・が正しいです。 闘い始めは辛いですが、心決めると、これが「身体にも心にもよい」ことがわかりました。 鬱積していたねばねばしたものが、精神の大掃除になったようです。 今、人が元気のないのは「鬱積したまま過ごしている」・・・・ある時爆発して思いがけない事件になったりする。 これでは身体も傷め心を解き放つことはできません。正義とか何とかじゃなくて私は「私のため」に闘うんです・・・・・
2010/07/03(土) 11:48 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック