忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/23 (金) 03:34】 |
トラックバック() | コメント()

無題
☆和香☆
天候不順、お体を大切にね☆
エネルギッシュな夏がやってきます。木陰で充電しましょう☆
ポカッ(._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ
意味不明(爆)
姉御~~☆o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!


コメントを閉じる▲
 このブログを見ている、関係者の方・・・・最後に声高にお話します。

私は卸しの勉強もずっとしながら、この件を考えてきたのですが。

仕入れはやはり資金にあわせて「数字を融通できるシステムが必要」だということです。

でなければ、増やすこともできません。増やしても、自分の店も成り立つように時により「引き算」のできる
システムでなければ、借り入れや買いかけが増えていくばかりではありませんか。

 途中で「これ以上は今は買えない」という選択肢ができないと加盟店は成り立ちません。

「減らしたい」といっても「利用者さんが迷惑する」「増やすことが成功」などと押し切って加盟店に実質「売りつけ」になってはいけないと、声高にいいたいです。   そのあたりのノウハウを持っていないと本部ではないのではありませんか?   借り入れして買う方法やコンサルタントの斡旋などもってのほかだと思います。

  私達が買い続けたのは「このまま買ってください。成り立つようになるので大丈夫です。」と何度も言われたから。   止めたら、実際、利用者さんが困るし止めることができないからです。でも・・・・・止めるシステムを
作らないと素人同然でデビューされた加盟店はとんでもないことになるか、売上を延ばせず立ち往生するかで
大変なことになると思います。    後者の場合は、まだ策が何とかできますが、前者・・・・つまり売上が増えてしまってからの対策は、加盟店自身にはできません。  しかも夫婦二人のような小さなお店だと、毎日毎日ねずみのように走り回りながらの手段は生まれません。   走り続けて倒れて終わるか、借り入ればかり増えて破産するしかなくなるか、どの道、生死にかかわる事態は免れません。   しかも、悪いことをしていないのに、「加害者扱い」になります。   「買うだけ買って払うつもりがなく破産する悪い人」に・・・・いつの間にか、
されてしまうんです。   そのこころの傷とボロボロの身体を思うと生きてることが不思議なくらいです。

 二度と人を信じることができず、荒廃した心で生きていくでしょう。 立ち直りのきく若い人ならまだいいですが
「人生を賭けて始めた事業」であればあるほどその惨たんたる結末は命取りになるでしょう。

 100店あれば100番目の成績の店でもいい。  持続するには、90番でも99番でもいいんです。

社会貢献もしたい綺麗な志の人が、犠牲になる確率が高いです。 「人の役にたちたい」志が転んでしまいます。   どうか、このシステムをきちんと考えなおしてください。 そして、もしそれができたなら、私たちの主張が理解していただけると思います。  ほんとうの良いフランチャイズをめざして・・・・・・

梅雨のような蒸し暑さですね。   春はだんだんと遠ざかります。

  「行く春は    今年は義父を  連れて逝き」      小豆島の父の真似して句を読みました。

 
PR

【2010/05/24 (月) 14:25】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
☆和香☆
天候不順、お体を大切にね☆
エネルギッシュな夏がやってきます。木陰で充電しましょう☆
ポカッ(._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ
意味不明(爆)
姉御~~☆o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
天候不順、お体を大切にね☆
エネルギッシュな夏がやってきます。木陰で充電しましょう☆
ポカッ(._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ
意味不明(爆)
姉御~~☆o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
2010/05/25(火) 11:31 | URL  | ☆和香☆ #9361f54982[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題

熊に食われてしまえ・・・・・って・・・・この、ぶち壊しやろう・・・・

暴走したら、死ぬで・・・・・
2010/05/25(火) 14:08 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック