忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/17 (木) 20:33】 |
トラックバック() | コメント()

無題
☆和香☆
こんにちは!
やはり、騒音おばさんを思い出してしまいます。
あまり度を過ぎると・・・
あの方のようになってしまいますねぇ・・・・
怖いですね・・・・

うちの近所では、そのようなことがあれば即、警察に通報されちゃいますよ。
先日、子供達が夜中に外でちょっと騒いでいたらしく・・・
通報~警察出動でした。




コメントを閉じる▲

 田舎の公民館の窓から、小さな保育園が見えた。 8人くらいの年少さんのピンクの帽子が

横一列に並んで、運動会の練習らしかった。  小さな保育園で、ほっとする風景でした。

ここで私は何をしてるのかというと、つながった人たちと、もう少し深く関わりながら、フェアトレードを伝えたり

オーガニックな物の情報交換をしたり、都会ー田舎 を仲良くする仕事をしているのです。

その結果、食の注文を受けることもあるし、こちらが分けてもらうこともある。 フェアトレードを知りたいという人

にはその資料を届けたり、着ているものの素材や染めや刺繍について話したりするんです。  

ポイントは自分がしていることと相手との接点を探す。  都会には田舎のものを伝え田舎には都会のもの

を伝える。   別の場所でであった人と再会することもあります。  根っこには、自分が体験した痛手から

フェアトレードに基づいた生き方の伝授があります。  傷だらけになった心や身体を自分たちで癒しながら

生きていくには、そんなにたくさんの選択肢はありません。  人生を丸ごと受け止めて、傷口を治癒しながら

それでも前に向かうには、速度を落とし、こんな風に自分ビジネスを実践するしか選択肢はないと思います。

 離れゆく人には手を振り、残った関係を大事に向き合う。  その残った関係のひとつが県南にありました。

さて・・・・ここで、また傷口のお話し。  「優越的地位」についてお話をしたいと思います。

フェアトレードで向き合っていく心がけで生きているのですが、この「優越的地位」については最近、少し考えが

変わりました。 というか、見直しました。  ある、弁護士さんの資料によると、「優越的地位」というのが存在

することは確かであり、それ自体は否定できないと。   私もこれには同感だと思いました。

取引上の地位が優越していること自体は、商取引上通常に存するものであり優越自体が禁止の対象となるも

のではありません。 本来取引は当事者の自由で主体的判断によって行われるものであるところ、取引上の

地位が優越していることを利用して相手方を抑圧し対等な取引ではありえないような一方的に不利益な取引を

強要することが自由な競争基盤を阻害するものとされる。  とあります。  自己の取引上の地位が相手方

に優越しているということは、自己が相手方より相対的に優越していることで足りる。

  つまり、地位が高いということだけで、十分であるということです。 地位が高いからその地位を利用して

相手を抑圧したり、服従させたり、支配させてはいけないということだと私は思いました。 さて、自分たちは

どうでしょうか?  照合してほしいと思います。 買えないといっている商品を送り、納品書もなく数年あと

請求書(莫大な金額で)を送る。  事業自体がほとんど当事者の判断でできない。減らそうとすると

「高齢者が迷惑する」と許さない。 「払えるだけの仕入れ」を申し出ると打ち切る・・・・合意書とは名ばかり

で「自分に有利な書類をとり」加盟店に不利を承知で書かせる。 しかも近隣の親を持ち出し、断れない状況

をつくり、夜半過ぎ日付が変わるまで居座る。  これだけでも優越的地位乱用ではないのかな・・・・・

 そもそも、法的にされたのは先方であり、やむなく「法廷」に預けたのであるから、普段の暮らしは

地域を巻き込まないで済まされないものか。   なぜ、実家に向かって猛暑の中、窓を開け放ち

大声で電話をして、泥棒呼ばわりのまくし立てをされるのか・・・・父は、たまりかねて立ち上がり、老体に

鞭打って「もう少し小さな声で電話できないか」と言ったところ、「声の大きいのは地声じゃ!」

「誰にもの抜かしてんのじゃ!老いぼれ!」という罵声、暴言・・・・  父はただの「老いぼれ」ですが

あなたは、高齢者配食の会社の取締役、役員なのではないのですか・・・・母が倒れかけてます。

くれぐれも自粛ください。  よろしく御願いします。    お見苦しい記事でごめんなさい。

 こんなことになるのがわかっていたので(矛先が老父母になると) ずっと我慢していたのです。

父母に危害がくるのがわかっていたので、この人たちのいうことを聞いてきたのです。


    平安な暮らしが少しでも戻るように、祈ります。

正当な、判断がひとつでも社会に実るように祈ります。 買い入れを減らしたいと申し入れたときの

NO!という社長との話し合いのビデオが会社にあるはずでしょう。  もう一度、見直されたらどうですか・・・・

 あなたがご旅行で、同席されなかったときの2007、7、30のビデオですよ。 


すみません。 閲覧のみなさん、 復活早々、またこれで(笑)     

やっと秋めいてきましたね。   日暮れは猛暑に関わらず早くなりました。 秋の長雨の匂いもします。

体調、気をつけましょう。   今年の猛暑から、ふと、気が緩みますね・・・・・・     

PR

【2010/09/15 (水) 17:46】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
☆和香☆
こんにちは!
やはり、騒音おばさんを思い出してしまいます。
あまり度を過ぎると・・・
あの方のようになってしまいますねぇ・・・・
怖いですね・・・・

うちの近所では、そのようなことがあれば即、警察に通報されちゃいますよ。
先日、子供達が夜中に外でちょっと騒いでいたらしく・・・
通報~警察出動でした。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
こんにちは!
やはり、騒音おばさんを思い出してしまいます。
あまり度を過ぎると・・・
あの方のようになってしまいますねぇ・・・・
怖いですね・・・・

うちの近所では、そのようなことがあれば即、警察に通報されちゃいますよ。
先日、子供達が夜中に外でちょっと騒いでいたらしく・・・
通報~警察出動でした。


2010/09/16(木) 10:40 | URL  | ☆和香☆ #9361f5497c[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
粘り強い応援ありがとうね。和香ちゃんには、パソコン壊れてから随分お世話になったね^^  そうか、警察か・・・・子供たちは警察で、萎縮して収まりますが・・・・言い分があるようなので、顧問弁護士さんがいらっしゃるので、「表から」こちらに伝えて欲しいものです。 私たちには、お金がなく、
限界があるので、こうしてブログを使っているのです。地域では、静かにしていただきたい。   こんな記事、いつまでも書きたくないわい・・・・・おつきあいありがとうね^^
2010/09/16(木) 14:33 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック