忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/24 (土) 17:43】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ネコママ
売り掛けに買い掛け
事業をしていると良く聞く言葉ですが
一番怖いですよね~
大きな金額が紙1枚で動く。。。。
当然紙幣があとで動くのですが
予定通りとはなかなかいきませんからね^^;


乗り切って
タカビー
こんばんは。

今年も終わろうというとき
本当にいろいろとお疲れ様です。

村長さんも調子悪いねんなぁ。
気になるわぁ…。大事にしてあげてね。

でも、きっと今が一番大変な
時期なんやと思う。

何とか乗り切ってね!
勝訴、祈ってます。


無題
NONAME
訴訟の詳細は知りませんが、読んでて違和感を感じたので私の意見を書きます。
どんな理由であれ仕入れた代金は期日までに支払うのが当たり前です。お金が無いから、事業がうまくいっていないから待ってくれ、というのは世間では一切通用しません。どんな理由であれです。
お金が無いから証拠品を出せないというのも意味不明です。お金があれば出せる証拠品って何なんですか?


無題
☆和香☆
こんにちは!
骨の隋までお金を貢ぎ込ませたという感じがします。
一般企業においては、まず回収不可能な金額の売り掛け金(夢りんごさん側は買掛金ということになります)を膨らませることはしないです。
相手側の経営状態に応じて商品を売ります。
そうしないと、当然、負債額が増え、回収不能になります。
倒産となれば売掛金が回収不能となり、負債が生じます。
それは絶対に避けたい・・・・
だから、企業は取引先の経営状態を常に把握・・・その店にあった金額の商品しか売らない・・・・

この本部のやり方は。。。一般のそれと違ってますね。
通常ではない!営業の仕方ですね・・・・・


気にされずいきましょう
タカビー
夢さん、こんばんは。

体当たりしておいて、それを相手の
せいにする国も有り、またそのことを
黙って隠そうととする国もあります。

いろいろな国があるように、また
いろいろな人が居る…。

残念ながら、今の世の中はそう
なっています。気にされず生きましょう。

それが今は一番懸命な方法だと
私は思います。

頑張ってください!


コメントを閉じる▲
 ものをさらけ出すには勇気がいります。 自分の恥もさらさないとフェアとはいえないからです。

もう少し、おつきあいくださいね^^   5月までの法廷では、脚本は相手にありました。

暗黙の圧力に抑えられて、相手の都合のよい脚本を相手に合わせて、力なく演じていたという感じです。

「力なく・・・・抵抗」というのは、相手に迎合しているのも同じなのです。   最初の書面で

「実家は近所であることは認めるが、知らない人間である」という文面が先方から出されたときは面くらいました

。「何をいっているのか」わからないまま、裁判がゆっくり動きました。  この「嘘」で始まった法廷に

どうしても納得がいかなかった。 認められようと、られまいと「事実」は事実で伝えるしかない。

 実際、近所では、その後やりきれない「弾圧」や「暴言」があったことも伝えましたね。

 さて、「買い掛け」「売り掛け」の疑問について、ここで触れておきます。本部の役員さんは窓越しに

これみよがしに大きな声で言われたことには「買った物の金払うのは当たり前や。払わないのは泥棒より

ひどい」と言っています。 この言葉だけでは「当然ではないか」と思いますね。私もそう思います。

実際、今、ささやかな事業で「買い掛け」とも「売り掛け」とも縁があります。 小さなお店で、ゆっくり支払い

されるオーナーもいます。 苦しい時代だし、自分たちも、お金では相当苦労してきているので、事情により

少しズレこんでも少額で、ほぼ確実な相手には、こんな身分でも待ってみます。 一方、私たちも

できるだけ小さなお店相手にはしないのですが、買い掛けを少しずつ払うこともあります。 貧困事業ゆえ

そうせざるを得ないこともあります。 その代わり、フェアトレードの事業に協力もします。(お米のシェアなど)

 オーガニックの卸し業のがいあプロジェクトの、ある人は「小松菜を8わ売るためには10わの仕入が必要」

という鉄則をお持ちですが、私も同感です。  しかし、前事業の場合、60食の利用者がいれば60食分もしく

は60食以上仕入れることを強要されています。  (事業が成り立つかどうかは関係なくです)

 こちらが仕入を減らして払えるようにしたくても認められません。 では60人を30人に減らすのは

どうかといえば、高齢弱者の食べ物のない人を「断って捨てる」ことになり、これまた認められません。

増やすばかりを求めてきます。(これは、少なくとも廃業当時まではそうでした。)それでは、身動きできず

借り入ればかりを増やさないといけなくなります。当然、返済せねばならなくなる。 やめることもできなくなる。

 これで、最初の約束の成功が可能なのか?? このあたりの「対本部」とのやりとりのテープも残されて

いるのに、先方は出さないし、こちらはお金がなく「証拠品」を出せません。  こんな裁判でよいのか?

と言っています。   走り詰めの生活と事業でした。力尽きて命落とすのは目に見えていました。

事実をちゃんと見てほしい。これがまず、法廷への願いです。あまりにも、薄っぺらで浅い法廷すぎます。

 「食材」は本部の仕入となるならば、買うほうは「選ぶ」権利がなぜないのか?

仕入の調整が何故、できないのか? それを「買い掛け」とどうして呼べるのか? 相談の余地もないのか?

何のためにスーパーバイザーがいて、ロイヤルティをとるのか、「強要」に応えられなくなると切るのか、

それは(切ることは)「死ね」ということではないか・・・・・ 「買ったものの支払い」?なのか・・・・・

 払わないというのではなく「まず、この事態はどういうことなのか」と目をこらしてみてほしい。

「破滅する」とわかっていても「買い続け」なければならないのか? そして、それを認めた、本部のお身内の

加盟店は、本部の指示どおり、どこかで「借り入れ」本部に支払い、その後破産されている。店は

いつのまにか、「直営店」になっている。 それで正しいのか・・・・?   役員さんがいう「買ったもの」は

貴方達が「強要」したものではないか・・・・。   そのへんから、見直していただきたい。 その願いが

控訴です。     よろしくお願いします。

   今日は黄砂の一日でした。   全国的にそうでしょうか・・・・・いつから、飛んでくるようになったのかな。

黄砂はアレルギーもあるし、熱も出ます。  みなさん、気をつけてくださいね。

11月は、とても早く流れていきます。  もうすぐ師走。  イベントが続く夢りんごです。

今日も引き売りにでかけます。   美味しいりんごが入りました。  4年間、応援してくださった

りんご農園さん。ほんとうにありがとうございます。  これからは、農家さんを支援していきますからね!

 夢りんごは、味が濃いりんごです。 今はおうりんが最盛期。  一緒にがんばろうね。

福井県、池田町の特別栽培米、たくさん応援くださってありがとうございます。

美味しいのでまた、欲しい人は声かけてくださいね。  ただし、  大手企業の買い叩きはお断りです。

また、発注後の大口、キャンセルもご遠慮くださいね。  農園さんが、どれだけ苦しい思いをするか。

くれぐれも、大手企業の買占めや、買い叩き、無理な取引はご遠慮ください。


PR

【2010/11/13 (土) 16:51】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(5)

無題
ネコママ
売り掛けに買い掛け
事業をしていると良く聞く言葉ですが
一番怖いですよね~
大きな金額が紙1枚で動く。。。。
当然紙幣があとで動くのですが
予定通りとはなかなかいきませんからね^^;


乗り切って
タカビー
こんばんは。

今年も終わろうというとき
本当にいろいろとお疲れ様です。

村長さんも調子悪いねんなぁ。
気になるわぁ…。大事にしてあげてね。

でも、きっと今が一番大変な
時期なんやと思う。

何とか乗り切ってね!
勝訴、祈ってます。


無題
NONAME
訴訟の詳細は知りませんが、読んでて違和感を感じたので私の意見を書きます。
どんな理由であれ仕入れた代金は期日までに支払うのが当たり前です。お金が無いから、事業がうまくいっていないから待ってくれ、というのは世間では一切通用しません。どんな理由であれです。
お金が無いから証拠品を出せないというのも意味不明です。お金があれば出せる証拠品って何なんですか?


無題
☆和香☆
こんにちは!
骨の隋までお金を貢ぎ込ませたという感じがします。
一般企業においては、まず回収不可能な金額の売り掛け金(夢りんごさん側は買掛金ということになります)を膨らませることはしないです。
相手側の経営状態に応じて商品を売ります。
そうしないと、当然、負債額が増え、回収不能になります。
倒産となれば売掛金が回収不能となり、負債が生じます。
それは絶対に避けたい・・・・
だから、企業は取引先の経営状態を常に把握・・・その店にあった金額の商品しか売らない・・・・

この本部のやり方は。。。一般のそれと違ってますね。
通常ではない!営業の仕方ですね・・・・・


気にされずいきましょう
タカビー
夢さん、こんばんは。

体当たりしておいて、それを相手の
せいにする国も有り、またそのことを
黙って隠そうととする国もあります。

いろいろな国があるように、また
いろいろな人が居る…。

残念ながら、今の世の中はそう
なっています。気にされず生きましょう。

それが今は一番懸命な方法だと
私は思います。

頑張ってください!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
売り掛けに買い掛け
事業をしていると良く聞く言葉ですが
一番怖いですよね~
大きな金額が紙1枚で動く。。。。
当然紙幣があとで動くのですが
予定通りとはなかなかいきませんからね^^;
2010/11/13(土) 20:58 | URL  | ネコママ #549910cb5f[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
こんにちは^^ またもとのお話しですみません。 そうですね、予定通りとはいかないまでも、ある程度予想もして買い入れるのが普通だと思います。  「払い込む」予想です。 通常は増やしたり減らしたりできるもんじゃないですか?  私たちには何故できないんでしょうかというお話しです。 
2010/11/15(月) 15:42 | 夢りんご

乗り切って
こんばんは。

今年も終わろうというとき
本当にいろいろとお疲れ様です。

村長さんも調子悪いねんなぁ。
気になるわぁ…。大事にしてあげてね。

でも、きっと今が一番大変な
時期なんやと思う。

何とか乗り切ってね!
勝訴、祈ってます。
2010/11/14(日) 23:41 | URL  | タカビー #527fb8c050[編集]
[管理者用 返信]
Re:乗り切って
ありがとね・・・・・何度も来てくれて心配かけたよね~
そればかりでは生きていけないので、暮らしも動かさないとね。

タカビーさんもお疲れさま。  うちね、以前「ギャンブルをしている可能性がある」なんていわれたんだよ。本部の経理さんに。経理は経理のことしか頭になかったんやろうね。 でも怒ったよ。その時・・・・ギャンブルのギの字も知らんのにね~そんな時間も何もなかったよ~(笑) 経理さんは謝りはったけど、それくらい~人の考えや頭んなかって想像つかないこと考えてるねんなあ。 
2010/11/15(月) 15:50 | 夢りんご

無題
訴訟の詳細は知りませんが、読んでて違和感を感じたので私の意見を書きます。
どんな理由であれ仕入れた代金は期日までに支払うのが当たり前です。お金が無いから、事業がうまくいっていないから待ってくれ、というのは世間では一切通用しません。どんな理由であれです。
お金が無いから証拠品を出せないというのも意味不明です。お金があれば出せる証拠品って何なんですか?
2010/11/15(月) 02:21 |   | NONAME #295051e9b0[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
どちらさまかは存知ませんが、コメントありがとうございます。では期日に支払いを考えて発注するというのが、普通ではないですか? 支払えないなら、発注を減らしたり、一度、二度見送ったりする権利はあるのではないですか? その話し合いを何故できないのか?しても無駄になってしまったのか?と言ってるのですがわかりにくいでしょうか?  証拠というのは、誤解があるかもしれませんが、不利なら出さなくていいもののようです。 お金がないと出せないものもあるようです。 (現にこちらからは出せません。今のところですが) できればですが、何なりとお名前を書いていただけたらありがたいのですけれど。 こちらは、つらくても名のりをあげていますね。  でも聞いていただいたら、お答えすることはできますから、お話しが一歩すすみます。 またコメントください。 どんどん深くお話しできますから助かります。
2010/11/15(月) 15:33 | 夢りんご

無題
こんにちは!
骨の隋までお金を貢ぎ込ませたという感じがします。
一般企業においては、まず回収不可能な金額の売り掛け金(夢りんごさん側は買掛金ということになります)を膨らませることはしないです。
相手側の経営状態に応じて商品を売ります。
そうしないと、当然、負債額が増え、回収不能になります。
倒産となれば売掛金が回収不能となり、負債が生じます。
それは絶対に避けたい・・・・
だから、企業は取引先の経営状態を常に把握・・・その店にあった金額の商品しか売らない・・・・

この本部のやり方は。。。一般のそれと違ってますね。
通常ではない!営業の仕方ですね・・・・・
2010/11/15(月) 11:31 | URL  | ☆和香☆ #9361f5497c[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
こんにちは^^ 私も小さな事業の中で、卸しのことを実践してみました。
ここ数年、かなり勉強しましたし、実際やってみました。 期日とはいわないまでも普通は数ヶ月でも支払いがたまるとストップするしかありません。
 何千円単位でも私も回収に伺ったり、次の納品のブレーキをかけます。
そのかわり、少額でも払い続けている相手とは話し合いながら、相手が成り立つ時期を待ちますし、ハードルを低く支払いを依頼します。自分が反対でもそうします。 私たちは最後まで、少額になっても払い込み続けました。
 「これが買いかけ?」という疑問とも闘いながら、それでも最後まで。
その途中で取引を停止し、廃業に追い込み、訴訟にもっていったのは、本部です。これは、回収不能と解りきってる加盟店を(回収できないのは把握している)ただ、追い込んで奈落におとすため?もしくは他の加盟店への見せしめ?でしょうか・・・・私たちは常に実験台でした。
2010/11/15(月) 16:06 | 夢りんご

気にされずいきましょう
夢さん、こんばんは。

体当たりしておいて、それを相手の
せいにする国も有り、またそのことを
黙って隠そうととする国もあります。

いろいろな国があるように、また
いろいろな人が居る…。

残念ながら、今の世の中はそう
なっています。気にされず生きましょう。

それが今は一番懸命な方法だと
私は思います。

頑張ってください!
2010/11/15(月) 21:45 | URL  | タカビー #527fb8c050[編集]
[管理者用 返信]
Re:気にされずいきましょう
ありがとう!ございます^^

やはり戦友ですね^^   弱者や真面目人間は、そういうことを気にして

しまい、自滅に追い込まれます。 何度もそうなりました。

 弱そうな相手を嗅ぎ沸け、或いは弱らせておいて、追い込む・・・・

詩人はデリケートですが^^ 臆病なりに生きぬきます。

これが天命なら、生きぬく力をいただけるはず。
2010/11/16(火) 13:23 | 夢りんご

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック