忍者ブログ
 痛手を負った身体と精神世界から生きるしくみを 作りなおしています。  人と人がフェアトレード できる社会、幸福感を作ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/04/29 (土) 18:33】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ぺこ
現在、私の両親もヘルパーさんに食事のお世話になっています。
父は何をしてもらっても喜ぶ人なのですが、母はいちいち文句を言ったり「●●堂のロールケーキが食べたい」などわがままばかり言ってます。ヘルパーさんに申し訳ないな、と思います。


無題
タッパ
こんにちは。
地域とのつながりの大切さを感じ、その地に根をおろすお仕事、、本当に素晴らしいと思っています。
人脈は夢りんごさんのお人柄
が現われていますね。
頑張ってください。


コメントを閉じる▲
こんにちは、高齢者の仕事に携わる方はお疲れ様です。

またこのブログにご興味をお持ちの方はありがとうございます。

私たちが独立を決め、踏み出して五年が過ぎようとしています。

フランチャイズから離れ、細々と小さく、マイナスからの道を、社会に根をおろして手探りで歩き始めて
半年が経ちました。
この場所にいると、少なからず世間の声、とりわけ高齢者の仕事に関する情報が聞こえてきます。

最近は障害のある人たちとのコミュニティの機会も増え、また子育てのグループとも関わる機会ができて
しまい、つまりは社会、経済と福祉・・・・・・というテーマが私たちの中に自然に育ってきています。

こういったことは、いわゆる世の中の安定した成功者の方々が積極的に行ってくださればよいのですが、
何故かぎりぎりの下層階級の私たちに声が響き、人脈が広がるのは、私たちに多少なりの使命があるの
だという気がしています。(もし、資金力のある読者がいらしたら是非、ご一報下さい(笑)    

さて、高齢者の配食について、フランチャイズでの配達の担当者のマナーの悪さゆえに配達を断りたい
利用者さまの声がちらほらと聞こえます。数をこなし、寝てもさめても配食に携わっておられるオーナー様
、またはスタッフの日々のご苦労は正直骨身にこたえるようにわかります。
現場の戦場は経験者であるがゆえよく解ります。
でも・・・・・・在宅高齢者様の想いも痛いほどわかります。

食は死ぬまで楽しみの一部です。身体を壊し、心も憂い、余生残すところいくばくかの高齢者にとって、
食べること・・・・・人とのふれあいは一日の大切なイベントだと思います。
なので、配達の担当者がどんな人かは利用者にとって大事な問題なのだと思います。
交通事情もあり、数に追われる事情もあり、頑張っている人でも、扉の閉め方が荒いだけでもお年寄りには
ブルーになることもあるでしょう。経営上、いちいち気にしていては進まないかもしれません。

でも、それが原因で、お客様が離れることもあるのです。もちろん仕方ないこともあります。
フランチャイズビジネスと福祉・・・・・この難しい接点をどうクリアするかです。
日々の流れのなかで、経営さえもままならない。

一人でもたくさんの人に配食をする。
仕入れは大変、ロイヤリティはある。
雇用もなかなか定着しない、経費はかさむ。
何より、食の安全に費やす神経の疲労・・・・・利用者に温かい言葉をかけようにも余裕がない。

どんな経営をすればよいのか・・・・・もちろん私たちには助言の資格はありません。
(本部からいえば脱落者ですから(笑)失敗者の先輩からいえることはただひとつ・・・・・・
できる限り大切に向き合うことです。

いつまで、事業をされるかはわかりませんが、声を受け止めて大切に向き合うことしかできることはないと
思います。「余裕がない」と聞こえそうですが、少なくとも、筒いっぱいの事業の闘いの中に、数センチの
隙間を作っておくことが大切です。

フランチャイズ全体が「自己責任」である以上本部云々ではなく、何を言われても自分の判断を貫くしか
ないのです。もし・・・・・本部からの指導が「利益につながる」との指導でも、納得できず実行に迷うことが
あれば、拒否しなければなりません。

それが経営者の役目です。って多分、みなさんご存知ですよねえ。
買掛金の名のもとに残っている借金は初期のころ、仕組みどおり一生懸命やれば、やっていけると信じて
ありのままに仕入れをした後遺症です。
言われたとおりすれば借金が一時的にできても、必ず解消できるのだと信じていました。
フランチャイズを100%以上信じていたのです。

なので・・・・・一時は心身をことごとく傷めました。突然の攻撃に人間不信状態にもなりました。
働くことには自信があっただけにその闇はどこまでも深かった。加盟店というより会社員の役目に近かった
のかもしれません。・・・・でも、わたしたちは加盟金も保証金も払って加盟している、普通の加盟店だと気づく
まで時間がかかりました。
事業の理想と熱い思い、「一緒に頑張りましょう」との力強い言葉を裏返した攻撃。
あのまま、お店ごといなくなってしまっていたら、極度の心身症、重病で立ち直ることはできなかったと今も
震えてしまいます。

今、ここに何とか生きているのは、たくさんの人、人、人のおかげです。
人間不信を助けてくれたのは、それを越える人脈と家族でした。
神様は人脈だけを残してくださった。ありがとうございました。   (続)
PR

【2008/04/09 (水) 17:36】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
ぺこ
現在、私の両親もヘルパーさんに食事のお世話になっています。
父は何をしてもらっても喜ぶ人なのですが、母はいちいち文句を言ったり「●●堂のロールケーキが食べたい」などわがままばかり言ってます。ヘルパーさんに申し訳ないな、と思います。


無題
タッパ
こんにちは。
地域とのつながりの大切さを感じ、その地に根をおろすお仕事、、本当に素晴らしいと思っています。
人脈は夢りんごさんのお人柄
が現われていますね。
頑張ってください。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
現在、私の両親もヘルパーさんに食事のお世話になっています。
父は何をしてもらっても喜ぶ人なのですが、母はいちいち文句を言ったり「●●堂のロールケーキが食べたい」などわがままばかり言ってます。ヘルパーさんに申し訳ないな、と思います。
2008/04/13(日) 11:50 | URL  | ぺこ #9903313256[編集]
[管理者用 返信]

無題
こんにちは。
地域とのつながりの大切さを感じ、その地に根をおろすお仕事、、本当に素晴らしいと思っています。
人脈は夢りんごさんのお人柄
が現われていますね。
頑張ってください。
2008/04/18(金) 08:15 |   | タッパ #5611d71ed1[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック